ぐるぐるする夜に

酔いどれ女の見たり読んだり浸かったり。

スポンサーサイト

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ: スポンサー広告

 

【新釈】走れメロス/森見登美彦

2007.12.07


めちゃくちゃ名前をよく見る作家さんで気になってたのでチョイス。
山月記(中島敦)や走れメロス(太宰治)などの文豪の作品を
現代風にアレンジした作品。

私が知ってるのは、たぶん教科書で習っただろう山月記と走れメロスだけだったんだけど
収録されている5編の作品が全て京都が舞台で登場人物も
リンクされていてそこがすごく面白かったし良かった。
個別の5作品だとしたら原作の古典を知らない私には
ちょっと読むのが辛かったかも。

初めて森見さんの作品を読んだけど…こういう文体の方なのかな?
ちょっとヤバイなー。苦手かも。
すごく面白いしうまいと思うんだけど、私は読書に面白さを
あまり求めていないのだ。
たぶん「袋小路の男」以外の絲山作品がいいと思えないのも
そこら辺が関係しているんだと思われ。
町田康とかと同じ匂いがする。
あまりにも文学してて難易度高いんだよね。

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。