ぐるぐるする夜に

酔いどれ女の見たり読んだり浸かったり。

スポンサーサイト

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ: スポンサー広告

 

ラッシュライフ/伊坂幸太郎

2008.05.05

2002年






素晴らしすぎ!
まず、本書を開くとエッシャーの有名な騙し絵が挿入されていて、
もうそこで、この絵の感じが関係してる作品なんだろうな。と
薄々想像はついてはいたのだが…。

この形を、小説として完成させてるのがスゴイと思う。
文庫で読んだので池上さん?という方の後書きでも
書かれていたけど、確かに洋画の映像を思い浮かべはした。
だけどそのすぐ後に、でもそれを脳内で作り上げる事は
出来たとしても映像なり何なりの形で人に訴えるのは
とてつもなく難しい事だろうな、とも思った。


歩き回るバラバラ死体の件などは、軽いホラーかと背筋が寒くなったし
何これ「オーデュボンの祈り」より荒唐無稽じゃん!と思ったのに
プロットが分かり、ついでに女カウンセラーとサッカー選手の
エピソードでは素で騙されてしまっていたので、結局、おかしな
世界感というものは実はなかったのか?と思い至り、あまりの
綺麗なまとまった世界感にもう脱帽状態となった。

勿論、何度も前のページの記述を読み直して“なるほど!”
“あー、これの事!”とか一人でフムフムしまくり。
読み直してみて気付く一致、を考えるとこの作品かなり
多そうだな。

もう一つの楽しみでもある伊坂作品ならではの洒落た言葉。
この作品にも幾つも幾つもあり(そのうちの一つは他著作品から
の引用だったと後書きで知ったけど。
老犬が自分に語りかけているような言葉)
読んでいて小気味良かった。

単なる群像劇では終わらない作品。
後書きで池上さんが幾つかあげいていた映画タイトル、私も
この作品を読んでやっぱり頭に浮かんだものだった。
「マグノリア」は当時絶賛されたと記憶しているけど
私は今イチだったんだよなー。ちょっと見直したいです。

 

陽気なギャングが地球を回す/伊坂幸太郎

2008.04.20

2003年






主人公はギャング達なのに、何だこのすがすがしい真っ直ぐな感じは!
キャラのたった登場人物ばかりで、あえてこの人が主人公ってのは
なかったなー。
脇かもしれないけど、響野の奥さん祥子のツッコミが良かった。
あ、これ伏線だなってのは幾らか予想出来てしまった所もあるけど
それでも読んでいて楽しい。
伊坂さんの作品ならではの会話のキレを存分に楽しんだ。

 

ゴールデンスランバー/伊坂幸太郎

2008.04.06

2007年






今、読むのが楽しみで仕方のない作家の一人、伊坂さんの作品。
「ゴールデンスランバー」
どうゆう意味があってのタイトルか全然知らなかった。
表紙を捲って、その意味の一つとしてビートルズ「アビー・ロード」収録の
曲のタイトルだと知ってビックリ。うん、すごくビックリ。
早速、兄をつかまえて“ゴールデンスランバーって何か分かる?”と
聞いたら、ビートルズでしょ、と言って頼んでもいないのに
歌ってくれた。いつもは小馬鹿にしてるのだけどちょっと尊敬のまなざし。
私も、曲タイトルまでは覚えてなかったけど聴いた事のあるメロディーだった。

さてさて、かーなりの高評価な感想をよく見るこの作品ですが…、
私は、“突抜”しなかったです><
一つ前に読んだ「オーデュボンの祈り」が一番きたような気がする。
とは言ってもまだ伊坂作品6冊目なんだけど…。

実は、初めてメモを取りながら読みました。(意気込みがうかがえる)
だって、たぶん張られてる伏線の量がすごいでしょ。
登場人物では「重力ピエロ」に続き、父親が良かったなー。
キルオは西尾維新作品の零崎人識を思い出した。

物語は、4章に入ってやっと面白くなってくる感じだけど、
3章の部分をラストに持ってこないって所がすごくイイ!
青柳がこれからも背負っていくもの。亡くした大切な人、
自分とは関係はなかったけど、それでも一連の出来事に
巻き込まれて消えていった人達、帰る事は無理かもしれない
家。
「Golden Slumbers」から一続きのメドレーとして「Carry That Weight」
「The End」まで収録されていて、物語の流れもこの曲の流れに沿って
いるような気がします。
「Carry That Weight」で“君はその重荷を背負っていくんだ
これから長い間ずっと”と歌い、
「The End」では“そして結局 君が受ける愛は君がもたらす愛に等しい”
と締めくくられいる。

友情、過去の恋人。
彼らが共有している記憶がとてもとても素敵だと思った。

 

オーデュボンの祈り/伊坂幸太郎

2008.03.07

2000年






やっと伊坂さんのデビュー作を読み終わった!
伊坂さんを読むのがもしか初めてだったとしたら、挫折してたかも…。
そう思ってしまう位に、物語は不可思議で、次から次と出てくる
登場人物も意味不明な行動を取ってばかり。

いやー、面白かった。
これはスゴイ作品だわ。
ラストの爽快さと言ったらなかったです。
ピタッ、ピタッとそれまで曖昧だった物事がハッキリ形を現してくるような、
ジグソーパズルと言うよりかはルービックキューブ!
私は一面しか揃える事が出来ないけど、六面揃えられる人ってのは
たぶん、最後どこをどう回していくと全面揃うってのが分かってると
思うのね。
ラストに辿り着く為に、物語がより複雑に進んでいく感じ。
部屋の掃除を始めると、最初のうちは掃除前より汚くなってしまう感じ。
この作品の展開は、まさにそう言う感じだった。


島に欠けていたもの。伊坂氏のこよなく愛するものだよね?
著者の他作品にも、その愛情はキュートに描かれていたりするもの。

切なさも怒りも苦悩も愛もあるのに、優しい優しい気持ちだけが残った。
伊坂氏、すごくいい!

 

チルドレン/伊坂幸太郎

2008.02.18

2004年






どの読書系サイトでも絶賛されてるこの作品。
期待通りに面白かった!

数日前に読み終わって、感想書こうと何度か思ったんだけど
“面白かった”しか出てこなくて><
登場人物がすごく魅力的なのと、構成も面白いです。
時間軸通りに書かれるより、ずっとインパクトがあるって感じ。

ドラマWで坂口憲二と大森南朋さん主演で映像化されてるのは知っていたけど
とにかく先に絶対原作を読んじゃいたかったんだよね。
南朋さんが勿論、陣内役!こうゆう破天荒な役ってすごく合ってそうで見るのが楽しみ。

伊坂さんの作品は、本当はちゃんと刊行順に読んでいきたいんだけどなー。

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。