ぐるぐるする夜に

酔いどれ女の見たり読んだり浸かったり。

スポンサーサイト

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ: スポンサー広告

 

私の頭の中の消しごむ

2006.08.25



気になってたのでチョイス。
たまには恋愛物でも見るか・・・と。
ちなみに韓国物?全然見ない人です。
かっこいい人いっぱいいるのは分かるけど
それ以上にのめり込めないんだよなぁ。
この映画に出てた男優さんも、かな~りかな~~~り男前でした。
ずきゅ~ん(ノ´∀`*)と来ました。
大工さん?から建築士になってスーツ着るようになるんだけど
無精ヒゲはやしてる土方役のほうがずっと素敵だった。
若年性アルツハイマーにかかる女性の話で、愛してる彼の目を見て
昔の男の名を呼び“愛してるわ”と。それを彼は淋しい笑顔で“うん”
と受け止めます。つД`)・゚・。・゚゚・*:.。..。.:*・゚
ちょっと比べる所が違うとは思うけど、「ジョゼと虎と魚たち」の
リアルさ。救いの無いリアルさと比べてしまった。
どっちがどうとは言えないんだけどね。
記憶はあるし、お互いを分かっていけるのにジョゼは一人になって、
消しゴムの方の彼女はもう彼を思い出せる事もないかもしれないのに
彼は彼女を一人にはしない・・・。綺麗事な映画は優しいけど
本当かよ?・・・と思わせる何かがある。


スポンサーサイト
カテゴリ: [映画]海外

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。