ぐるぐるする夜に

酔いどれ女の見たり読んだり浸かったり。

スポンサーサイト

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ: スポンサー広告

 

孤独の歌声/天童荒太

2006.05.12

天童荒太の本は『永遠の仔』しか読んだ事がない。
でも今までで一番心にグッときた本だった。

『孤独の歌声』一気に読んでしまった。
恐らく天童荒太の書くものは 私好みなんだろう、と思った。
狂気、孤独、癒えない傷、許せない過去、猟奇的事件・・・。
引用として宮澤賢治の「貝の火」と「銀河鉄道の夜」が用いられていた。
宮澤賢治がとても好きなので そのシーンは画像が浮かぶようだったし、
他者との関わりをリレーに置き換えて語られていて
ラストは本当に風が吹いたような感じがした。

『家族狩り』『包帯クラブ』も読みたいな。

スポンサーサイト
テーマ: 読書
ジャンル: 小説・文学

 

この記事に対するコメント

 

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

 

トラックバック

トラックバックURL
→http://yutiko.blog45.fc2.com/tb.php/47-57ed4c5f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。