ぐるぐるする夜に

酔いどれ女の見たり読んだり浸かったり。

スポンサーサイト

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ: スポンサー広告

 

2009年読書記録

2009.12.31

最近、感想さえメモせずでグダグダです。

今年読んだ本は62冊。たぶん。最近の読書分はタイトルだけ明日にでも書く予定。
グダグダすぎる…。
かまへんかまへん(ネプチューンの人)

ベスト本は小川洋子「猫を抱いて象と泳ぐ」です。
これから読むとゆう人がいるのだけど、その話を聞いた時、
私も読んだ記憶を抹消してまたあの感動を味わいたい、とさえ思った。
そのくらいに、読んでいる最中から今年一番と思える小説でした。

一般向けしない所では、
絲山秋子「ばかもの」と森見登美彦「宵山万華鏡」の二冊が心に残っています。
例年年末ベストに絲山秋子さんの作品を上げている気がするなぁ。
モリミーは「有頂天家族」以外、実は特に好みでなないので、ここにきて
良い作品に出会えてホッとしてます。
宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」を彷彿とさせるような美しくて切なくって少し怖い、そんな物語。

映画もメモってないけど、今年は本当に邦画ばっかだった。なんだかな。
「誰も守ってくれない」となぜか「カフーを待ちわびて」に感動。
すぐ忘れてしまいがちな大事な事を思い出させてくれた映画で本当に見て良かった。

来年は目標80作品。
今年、悪くっても100はいけるべと思っていてこの体たらくのなので、
本気で80を目標に…。はい。もっと他の事を頑張りましょう。
スポンサーサイト

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。