ぐるぐるする夜に

酔いどれ女の見たり読んだり浸かったり。

スポンサーサイト

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ: スポンサー広告

 

ヘヴン/川上未映子

2009.11.06


この作品を手にしてみてまず“あれ?結構厚みある作品ね…”と驚き、
読み始めてすぐに“あれあれ?あの独特の方言とリズム性のある文体
じゃない!?”という事にまた驚いた。

川上さんの作品は「イン歯ー」「乳と卵」だけ読んできましたが
こうゆう作品も書けちゃうのね的な圧倒的な出来栄えでした。
善悪とかの難しい事は描けているのかどうか分からないけど、
とても良かったと思います。

歯、乳、と来て今作も身体のある一部分が関係したお話。
そしていじめの問題。
こうゆう風に読み始めから問題提示のある作品を
川上さんが書いてきたってのがすごいなー、と思う。

そのいじめの現場の描写があまりにもひどく、救いようが無く
読んでいてとても辛かった。

いじめや親の問題など共通点がありそうに見えながら、
随分とコジマの人となりは極端に描かれている。
それに引きかえ主人公は広い視野、というのでは無いだろうけど、
過去に縛られる事なく進んでいける、そんな微かな希望が見られた。
描かれている内容はインパクトが大きいかもしれないけど、
人の揺らぎみたいなのを感じる作品だった。
スポンサーサイト

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。