ぐるぐるする夜に

酔いどれ女の見たり読んだり浸かったり。

スポンサーサイト

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ: スポンサー広告

 

さよなら渓谷/吉田修一

2009.10.23


帯の“人の心に潜む「業」を描き切る。”はさすがに言いすぎなような…。
とは言え、帯キャッチコピーの“どこまでも不幸になるために、
私たちは一緒にいなくちゃいけない。”に惹かれて手に取ったのですが。

フィクションではあるけれど、フィクションでしかありえないお話なのだけど
物語の中で起きる事件が現実にワイドショーで連日取り上げられたものを
彷彿とさせるので、とにかく軽い気持ちで読んでしまい気持ちが
重くなった。

センセーショナルな事件の陰にひそみ、あらわにされていく過去の事件。
私は女なので、読んでいて辛いなんてもんじゃなかった。
実際に世の中には今もこの手の被害でずっと苦しみ続けている方がいる。
究極の恋愛物語という観点で見るよりも、どうしても彼女の茨の人生を
思わずにはいられなかった。

彼女があの偽名を使った訳があまりにも悲しすぎる。
私はこの作品でここの部分が一番良かった。
こうゆう視点を持っていると言うだけで吉田修一は素晴らしいと思う。

戻れない、決して消えない忘れさせてくれない辛い過去を背負い
それでも生きていかねばならないのだとしたら…。

納得のいかない展開もあった。
タイトルだってこの作品に合っているとは思えない。
ラスト数行があまりにも重い。こんな文章で終わらせないでくれ!と
思うほどに重かった。
ただ、現実にはこんな展開絶対ありえない!と思うのに、
この作品の息苦しさの中では頭では理解できない感情も
受け入れてしまえる空気が流れていた。
スポンサーサイト

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。