ぐるぐるする夜に

酔いどれ女の見たり読んだり浸かったり。

スポンサーサイト

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ: スポンサー広告

 

街の灯/北村薫

2009.10.15


円紫さんと私シリーズを読み終えたばかりなので、
正直、また似た構成だなー、と思ったのだが…。

面白いです。読んでいて楽しい。
父親のような視線で遠くから温かく見守っている風だった円紫さんも
良かったけど、このシリーズのそれに当たるベッキーさんの
キャラが格好良いのだ。しかもミステリアスときた。

表題作を含む3つの連作短編集。
時代は昭和初期、主人公の女学生は上流階級のお嬢様。
こうゆうお話、読むの初めてかも。
上品で華やかな空気が全編を通してこの物語を一層美しいものに
していると思う。

チャップリンの映画からきている「街の灯」は読みがいのあるお話だと思う。
ベッキーさんの言葉が厳しくはあるが同時にとても優しい。

このシリーズ、読むのが楽しみです。
スポンサーサイト

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。