ぐるぐるする夜に

酔いどれ女の見たり読んだり浸かったり。

スポンサーサイト

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ: スポンサー広告

 

フラッタ・リンツ・ライフ/森博嗣

2009.10.01


スカイ・クロラシリーズ、随分と間を置きつつも4冊目に辿り着いた。

今作の主人公はクリタだった。
だからこそ、だろうか。あー、やはりこのシリーズはクサナギスイトの物語
なのだなぁ、と改めて感じられたのが不思議だった。
この後、どんな展開になってスカイ・クロラに続くのかは
分からないけど、今作は大きな動きがあったし、クリタを通して
クサナギスイトを魅せると言う方法に出た作者はすごい…。

今作は、文庫本で。
装丁から入った作品でもあるので出来ればハードカバーで読みたかったのだが。
ただ、初めて作家さんによる解説が読めたのは良かった。
自分の言葉では全然あらわせない感動がこのシリーズにはあるから…。
ちなみに「ナ・バ・テア」の文庫解説はよしもとばなならしい。
ちょっと読んでみたい、と思った。

今までのシリーズにも登場しているクリタ。
何となく勝手に人間に近い人なんじゃないかと思っていたけど、
そうゆう風でもなく。
何かがポロッと欠落している風な。

打算のない純粋な想いで締めくくられていて、切なかった。
とても良かったです。
スポンサーサイト

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。