ぐるぐるする夜に

酔いどれ女の見たり読んだり浸かったり。

スポンサーサイト

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ: スポンサー広告

 

しずく/西加奈子

2009.09.16


初読みの作家さんです。

6篇の短編集でした。
読んでいてどの作品からも、“本音をさらけ出せない自分”だったり
それゆえの“自己嫌悪”におちいっている主人公の姿があって、
一応これがこの作品のモチーフなのかなー?と思って読んでいたのですが、
もっとちゃんと分かりやすい共通点があったのだ。

女同士。
幼馴染だったり、旅で出会った人だったり、母娘だったり。メス猫同士だったり。
それと記憶。
想い出だけじゃ生きていけないけど、時にはへこんだ自分を勇気づけてくれるもの。

表題作の「しずく」と「シャワーキャップ」が特に良かった。
表現にユーモアと勢いがあって、面白いのに同時にとても胸をしめつけられるような
そんな素敵な作品だった。
スポンサーサイト

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。