ぐるぐるする夜に

酔いどれ女の見たり読んだり浸かったり。

スポンサーサイト

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ: スポンサー広告

 

荒野/桜庭一樹

2009.09.16


「私の男」で直木賞受賞後に刊行された作品、とは言え
3部構成のうちの1部と2部は2005年前後にファミ通文庫から出版されているものみたい。
ラノベ時代からのファンはこれを嬉しいと思うのか複雑と思うのか…。
私は、こうゆう作風も大好きなので一冊にまとめて出版されたのは嬉しい。

恋愛小説家を父に持つある一人の女の子の思春期にスポットを当てたお話。
タイトルの「荒野」はその女の子の名前なのだ。
名前としてはとても珍しいと思うし、その字から連想する険しい風景に
そぐわないような甘い切ないまどろっこしい内容でありながら
それは確かに荒野とも言えるかも、と思える場面もある。

それぞれにキャラの立った登場人物の中でも、蜻蛉のような父親が
良かったなー。
あと、家政婦の奈々子さんのエピソードが相当に良かった。
要するに第一部に一番の山があった、みたいな。
赤朽葉も第一部が好きだったしなぁ。


体も心も幼すぎた女の子が成熟していく過程。
それは性愛に関した事だけではなく心も、だ。
あの父親の娘であり、よって、色んな手強い女達に揉まれて
女になっていく荒野の外からは分からない芯の部分との
ギャップが面白い。

荒野はこれからどんな女性に成長するのだろう?
スポンサーサイト

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。