ぐるぐるする夜に

酔いどれ女の見たり読んだり浸かったり。

スポンサーサイト

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ: スポンサー広告

 

架空の球を追う/森絵都

2009.02.28


短編集でした。

成長する子供の姿にお気楽で楽しい夢を見て心を華やがせてみたり、
長い付き合いの女友達との会合の帰りに、ふっとまだ夢を抱いていた頃の
自分の姿を思い返してみたり、
どこかアンニュイな感じもするマダムの姿に自分を重ねてショッピングしてみたり、
収められているいくつかのお話は、違う人生を、自分を白昼夢のようにほんの
少しだけ思い描いてみたり、自分がその人の立場だったらどうしたろうか?と
言うようなものが多かった気がする。

まるで、本当にこうゆう場面があったのでは?と思うようなものから、
ラストで良い具合に(実際は驚いたのだけど)トーンを下げてくれるものまで、
いろんな人の生きている姿を見れたような、そんな作品だった。
スポンサーサイト

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。