ぐるぐるする夜に

酔いどれ女の見たり読んだり浸かったり。

スポンサーサイト

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ: スポンサー広告

 

聖女の救済/東野圭吾

2009.02.09



ガリレオシリーズの中でも「容疑者Xの献身」と同じ位置にある感じの作品だった。
たぶん犯人はこの人物で確定なんだろうな?と思うように
描かれてはいるのだけど、それでも、もしかしたら?のどんでん返し的な
ものを期待してみたり、純粋にトリックがどんなにすごい物なんだろうか?と
いう期待がずっと続くのでスラスラと読めてしまった。

面白かったです。
面白かったのだけど、絶賛するには少しだけ斜めに見てしまうポイントもあり。
一つは、「ガリレオの苦悩」の時にもかすかに感じたのだけど、
湯川がもう変人でちょっとキモイ風なイメージが薄れてしまっていて
ドラマ版ガリレオを見ていない方にも人物像が変わってるんじゃないかな?って
思えてしまう所。
私なんかは、そこら辺でそれまでどんなに面白くてもテンションダウンしちゃうもんな。

あとは、この事件の被害者の思考回路がありえなくて嫌悪感ばかりだった事かな。
なので、彼を慕っていた?人達まで全てどうなのよ?と思えちゃって。

そんなこんなもあって、この作品では草薙と内海の動きのほうがずーっと
面白く感じながら読んでいました。
草薙の使われ方は、ファンがいたらきっと心配だったろうなー?って思う程に
何とも一生懸命で><
内海の視点がするどいのは分かったけど、早く草薙の目を覚ましてあげてーー!
みたいな。
でも、それがラストに向けて良い展開を見せ始めるのが気持ちよかった。

タイトル「聖女の救済」がラスト部分から読後にかけて、ずっしりきて
トータルで評価が上がってしまった部分はあるかな。
聖女、ってのはだいたいこの人の事なんだろうな?ってのは分かるんだけど
何を指して救済なのか?ってのが全く出てこず、想像さえ出来ずに
ストーリーが進むので、その意味する所が分かった時はなるほどねー!と
思う訳です。
もしかしたら、聖女はもう一人いたのかな?と少し思ったけど。
スポンサーサイト

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。