ぐるぐるする夜に

酔いどれ女の見たり読んだり浸かったり。

スポンサーサイト

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ: スポンサー広告

 

蛇にピアス

2009.01.31


映画公開からDVD化まで早かったのでは?
原作は一年程前に読了済み

吉高由里子を、吉高由里子の裸を見るのがひとまず楽しみだったので、
映画の出来は、まぁ良く分かりません。
アマ、シバのキャラは良かったと思うけどなぁ。
演じてる側うんぬんの問題じゃないとは思った。
吉高由里子も、かなり棒読みな命入ってないナレーションしてるけど
(勿論わざとだろうけど。喜多善男で、演技の下手な棒読みの女優の役を演じたりしてたし)
そういう空虚な部分と対になるだけの迫力あるべきシーンに、ちゃんと
勢いが無かったと言うか…。
見た目のインパクトだけじゃなくって、どうせ脱がせてるんだから、もっと
苦しい痛い感じを映像で出せなかったのかなー?なんて思ったり。

「あしたの、喜多善男」で可愛いくて色っぽくって興味持った吉高由里子。
ずっとドラマなど出ずっぱりだけど、「あしたの~、」の時の彼女が一番魅力ある気がする。
スポンサーサイト
カテゴリ: [映画]邦画

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。