ぐるぐるする夜に

酔いどれ女の見たり読んだり浸かったり。

スポンサーサイト

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ: スポンサー広告

 

あの夏を泳ぐ/松久淳+田中渉

2009.01.04



2009年の本初めはこの作品でした。
と言っても、年末に図書館に行ってあとはこの作品しか未読本が
残ってなかったので。
天国の本屋シリーズ4作目です。まだ続いてたのかと驚いた。

さて、この真冬に読む本なのか?と自分に突っ込みたくなるような
タイトルですが、そこら辺の問題は別にしてちゃんと感情移入して読めた。
…かな?名前の読みが同じ2人の女性の話なので、
頭の中でこんがらないようにするのが精一杯で読み始めた感じです。

二人ともサバサバした性格で口調が荒くってってのが、今イチ
どうなのかな?って思った。
同じ名前だけど、性格が真逆とかのほうが面白いような…。
なので、わざわざ同じ名前の設定にする意味があるのか?とか
思いながら読んでたんだけど、ちゃんとあったのです。
ちょっと弱いけど。そう来たか、って感じでまぁ満足しました。

マラソン選手の話から繋がる部分や、水泳コーチとその祖父とのエピソードに
出てくるトランシーバーの使われ方などホロリときてしまうシーンがあった。
スポンサーサイト

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。