ぐるぐるする夜に

酔いどれ女の見たり読んだり浸かったり。

スポンサーサイト

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ: スポンサー広告

 

潜水服は蝶の夢を見る

2009.01.01


大晦日から年越しに見たフランス映画。
実話を基に作られた映画だとは分かっていて見始めたのだけど
あまりの主人公の見た目の痛々しさにご本人が演じているドキュメンタリーかと
思ったくらいでした。
ELLE編集長だった主人公ジャンが脳の病気によって左目しか動かせなくなってからの
物語。
キャッチコピーにある“20万回の瞬きで~”の文に、
最初はまたでかい文句を使ってるなー、と思っていたんだけど、
映画を見るとそんな風に思ってしまった自分を恥ずかしく感じる程だった。
唯一動かせる左目で彼の内側の自由な想像力を知りえていく過程は、
恐ろしく忍耐のいるもので、本当にこんな事が行われたのか?と
あっけに取られてしまったけど、それ位に彼は尊敬され愛されていたのだろう。

身体は硬直してゆがみ、左目だけをギョロギョロと動かす役を演じたマチュー・アマルリック 。
初めて知った俳優さん。素敵です。

もろもろの賞を受賞された映画だけど、とても静かで美しい映画。
あからさまに涙を誘うような所は一切ないのでは?
こんな境遇になっても人は生きていけるのだろうか?と見終わったあとでもまだ思ってしまう。
スポンサーサイト
カテゴリ: [映画]海外

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。