ぐるぐるする夜に

酔いどれ女の見たり読んだり浸かったり。

スポンサーサイト

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ: スポンサー広告

 

風化する女/木村紅美

2008.07.08

2007年







木村紅美さん、芥川賞候補に上がってる方と言うただそれだけで
既刊本を借りてみた。初読みの作家さんです。

2篇収録。
文學界新人賞受賞の「風化する女」も良かったけど、
「海行き」のほうが好みかな。
置いてきぼりをくっているような主人公の目線に
自分を重ねてしまったから、だろうな。
良い時代を想い出しつつも、でも戻りたくはないなって
感覚も一緒だった。

何故か気になって物語の最後のほうで出てきた
丸尾末広をググッてみたらば、「少女椿」の方だった。
某動画サイトで動画見た事あり。あれは衝撃だった。
スポンサーサイト

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。