ぐるぐるする夜に

酔いどれ女の見たり読んだり浸かったり。

スポンサーサイト

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ: スポンサー広告

 

Re-born はじまりの一歩

2008.07.05

2008年







新たな出会い、スタートをモチーフにした人気作家の
アンソロジー作品。
また読書するようになってから実は初のアンソロジー物です。
読んだ事のない作家さんが多いので、どうも手が伸びないのです。
この作品もお初の作家さんが4人。
なので、まずはお初の4人の方から読んで、瀬尾さん、伊坂さん、
豊島さんの順で読みました。

単に明るい未来を想像するようなお話じゃないのが良い。
それぞれの作家さんが感じるはじまりの一歩へ
向けての想いが描かれていて読み応えたっぷりだった。

初読みとなった作家さんの中では平山瑞穂さんの作品が
好みだったかも。
中島京子さんのお話は、ええ?ってなった。

瀬尾さんのお話を読むのは久しぶりだったので、
嬉しいー!と思いながら読んだ。良いです。
最新刊と繋がっているお話のようですね。まだ予約してないけど
楽しみだ。

豊島さんの作品の教室のシーンはCoccoの曲がどうも頭に
流れて仕方なかった。良いお話だった。

そして伊坂さん。最近伊坂さん本を借りられずにいるので
かなり飢えていた所です。
何か雰囲気が他の作品と違うし、そんな流れありえないわー、と
思いながらもやっぱり伊坂ワールドにはまってしまった。

人生いくつになっても、はじまりの一歩の場面はあるわけで、
私はまだこんな年で全ての事に臆病になっているわけだ。
怖いのは皆一緒なんだろうから、思い切りの良さや勇気が
欲しいなー。
スポンサーサイト

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。