ぐるぐるする夜に

酔いどれ女の見たり読んだり浸かったり。

スポンサーサイト

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ: スポンサー広告

 

L change the WorLd

2008.06.28


特に急いで見たかった訳でも楽しみにしていた訳でもないのだけど
周りで話題になっていたのでレンタル開始翌日に観てみた。

原作漫画のあの絵でしか表現できないLが好きなので
松ケン萌え出来る訳でもなく…。
松ケン自体は好きなんだけど。(これ格好良い→角川文庫夏の100冊今年は松ケン

ネタバレありと言うかファンにはキツイ内容なので、追記で。
これは、デスノートを使った原作とは別物のLに焦点を当てた物語。

西尾維新のロサンゼルスBB読んだ時も、“何この南空ナオミのキャラ!”と
思ったものの、これはスピンオフだから…と最終的には
楽しめたんだ。
だから、この映画を見てる最中に“いやいやそれゃないよ”と
言うシーンは何度も何度もあるのだけど、その度にスピンオフだからと
自分に言い聞かせる始末。

残念ながら私はかなり評価悪いです。
実写版「最終兵器彼女」見た時の感じに近いかも。
これ新手の冗談?みたいな寒いシーンが多かったし
ホラーな映像の引っ張り様にもびっくりした。
原作との違いっていうより原作読んでるのか?と思えるような
設定も幾つか見られたし。

それでも、まずBOY役の男の子が出てきた時から良い目をしていた事。
(ホラー映画の子役かと思った位に目つきと雰囲気があった)
Lの最期にあった真実をこう作ってきた所はすごく良いと思ったし、
福田麻由子ちゃんが可愛いしやっぱり演技が良かったから見れた。
でもラスト、BOYをワイミーズハウスに連れていったのは良いと
思うけど、別に彼に与える名前はあれじゃなくて良かったと思う。
ここが一番納得いかなかった。原作繋がりでおもちゃ好きなのとか
伏線になってるのかもしれないけど、時間的な問題とか見た目とか
別にして彼は他の名前が与えられてもそれはそれで良かったと思うのだが。
スポンサーサイト
カテゴリ: [映画]邦画

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。