ぐるぐるする夜に

酔いどれ女の見たり読んだり浸かったり。

スポンサーサイト

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ: スポンサー広告

 

ミッドナイトイーグル

2008.06.14


お、面白かったorz

先日見た「どろろ」に引き続き評価すこぶる悪いようですが。
どろろは、やっぱ原作ファンからの厳しい評価があったとは
思うんだけど(そう思いたい)、
「ミッドナイトイーグル」は単純にいただけない映像、
ハリウッドを意識しちゃったようなストーリー展開が
アダとなったような…。

実際こうゆう状況なら違うんじゃない?みたいなのも多かったし
せっかくの雪山シーンからは厳しさが余り伝わってこなかったかも。

それでも…、私は大泣きしましたよ。展開も気になった。
本当、劇場で見てたら最悪だったなと思った位に泣けました。 
泣ける映画=良い映画だなんてこれっぽっちも思ってないけど。

確かに、へなちょこなアルマゲドン?とか思えるし
各所各所で泣かせようとしてるのは分かるんだけど
そのあざとさもセリフも私にはOKだったと言う事で。
似たような邦画で「日本沈没」「ローレライ」が浮かぶけど
ずーっとこっちのほうが良かったです。

南朋さん好きなので、これも南朋さん目当てだったんだけど、
びっくりする位に登場しません。
でも他の役には合わないもんな。
最初は、は?と思ってた吉田栄作がいい役で驚きました。

原作もあって、高嶋哲夫さんと言う方の小説のよう。
これ小説のほうも面白そう。
雪山と地上でのそれぞれのお話で話が進んでいるのでは?とか
想像しちゃいました。

原作知らずに見るのもやっぱいいなー。
最近、評価悪すぎな映画で感動しちゃっててちょい凹むけど
まー、楽しんで見れたのだから良しとしましょう。
エンドロールでの撮影協力の凄さにはビビリました。
スポンサーサイト
カテゴリ: [映画]邦画

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。