ぐるぐるする夜に

酔いどれ女の見たり読んだり浸かったり。

スポンサーサイト

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ: スポンサー広告

 

どろろ

2008.06.08


原作、手塚治虫の漫画だったとは。
瑛太が出てるとの事で、先日メントレGを見ていて初めて知りました。
その後、偶然に「どろろ」を見た友人の話を聞けて
原田芳雄さんとかも出てると聞いて急激に見たくなってしまったのです。

いやー、見て良かったー!私はこれ、面白かったです。とっても。
でもでも、アマゾンのレビューではかなり評価厳しい。
原作を知らないから楽しめたのか、それとも単に私が
やっぱり見る目が無さ過ぎなのか><


映画は2時間20分近くとちょっと長くて、幾つか削れる部分あるのでは?
とも思うんだけど、百鬼丸が声帯・耳・目を取り戻すごとに、いつもその機能を
一番に使うのがどろろに対してであるってのは大事だとは思った。

ウルトラマンばりの特撮でかなり笑える反面、
ザラっとした薄暗い雰囲気をまとった映像はなかなか味があった。

近いうちに絶対原作読むわ。
スポンサーサイト
カテゴリ: [映画]邦画

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。