ぐるぐるする夜に

酔いどれ女の見たり読んだり浸かったり。

スポンサーサイト

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ: スポンサー広告

 

アヒルと鴨のコインロッカー

2008.05.28


最初の50分位は、何かつまづきながら歩いてるみたいな
不統一なテンポで物語が進んでいく感じがする。
(原作先に読んでいるので、この不規則なテンポだったり、
セリフの間合いの裏にあるものが分かって
私は最初っからすごく興味深く見れた)


後半、物語のからくりが少しづつ見えてきだすと
この映像化、繋げ方の無理の無さには驚いた。
瑛太、かなり良かった。ちゃんと最初から
うまく演じ分けてると思った。
松田のお兄ちゃんも格好良かった。
ってか、実は予告見てても松田兄が誰の役なのか
気付かなかったんだけど><
本屋の男もイヤーな感じバリバリで男性陣が
良い映画だったなー。

前半は、どんな映画なんだこれ?って思うだろうけど
後半、物語が見えてきだすと実に分かりやすく
映像で見せてくれるので本で読んだ時には
あれがこうで、あの時のあれはああで…、とか
脳内で補完していたものが、もうやりすぎだよって位に
見せてくれるので面白かったり。
良い映画だった。


私は未読だけど「フィッシュストーリー」も2009年春公開予定とか。
また、中村義洋監督のよう。
伊坂作品、映画化めちゃくちゃ多いな…。
スポンサーサイト
カテゴリ: [映画]邦画

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。