ぐるぐるする夜に

酔いどれ女の見たり読んだり浸かったり。

スポンサーサイト

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ: スポンサー広告

 

めがね

2008.04.13


大ヒットした「かもめ食堂」にも特に愛着のない私。
どっちかって言うと、小林聡美さんやもたいさん、実日子ちゃん
三石さん達が集まっている映画だから楽しみだった映画。
(ドラマ「すいか」が大好きなので)

これから見る予定の方は、まっさらな状態で見たほうがいいと思うので追記。
脱力系の映画でまず驚いた。
何なのこの島?と戸惑っているのに、認められる“ここにいる才能”。
この微妙な違和感。
居心地いいのか何なのかわかんない感じから始まる。
「すいか」の浅丘ルリ子さんの名セリフ“いてよし”から
受ける泣きたくなるような安心感とは全然違うんだけど
何か良い言葉の響きだと思った。

南の島のかき氷屋さん。よしもとばなな「海のふた」が
見る前から頭に浮かんでいたけど、
「めがね」のもたいさんの氷屋さんは、とってもミステリアス。
作品の中にあまり暑さを感じなかったので、かき氷そのものは
別段美味しそうに見えなかったかな。

「めがね」と言うタイトルが何を示しているのか、結局
分からずに見終わってしまったんだけど、
公式のイントロダクションに書いてあった><
実は重いテーマを隠してる映画なのかもしれない?
んー、私は分からなかったから脱力、脱力と思って
見てたけど、あんまり自由な感じはしなかったなー。
それは、自由を満喫できる状況にあっても心の底から
楽しめなかったりする私の性格だからなんだろうけど。
実日子ちゃんが、何度かこの映画には似合わない
言葉を吐き捨てます。
あれ、なんだろう?
でも、この作品の実日子ちゃんの役は好き。
薬師丸さんは、チョイ役なのにすごい存在感だった。


大半の方が雰囲気をみる映画~と感想を述べている
中にあって、この映画をそこまでつっこんで深く見れるもの
なのか!と思うようなすんごいネガティブな感想書いてる
サイトがあって面白かった。
スポンサーサイト
カテゴリ: [映画]邦画

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。