ぐるぐるする夜に

酔いどれ女の見たり読んだり浸かったり。

スポンサーサイト

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ: スポンサー広告

 

カポーティ

2008.04.10


ずっと見よう見ようと思っていた作品。
せっかくまた読書するようになったんだし
トルーマン・カポーティのそれこそ「冷血」を
読んでから見たほうがいいよな…、と思っていたのだが><

名前だけは知ってるけどカポーティの著作は一つも
読んだ事なし。どんな人物だったかも勿論知らない。
そんな状態で見ました。

大ベストセラーとなったカポーティの作品「冷血」
ノンフィクション小説というジャンル。
今では当たり前に目にする気がするけど、違うっぽいかな。
獄中の犯人に接触して書いてるのだから。


怪演とまで言ったらアレかもしれないけど強烈な俳優、
フィリップ・シーモア・ホフマン。
名だたる賞を総ナメにした演技は、実際にカポーティは
こうゆう雰囲気の人だったのだろうと思わせる。

この映画のキャッチコピー
「何よりも君の死を恐れ、誰よりも君の死を望む」
矛盾した心情、冷血とは果たして犯人の事だけを
指したものだったのか。
その後のカポーティの生き様など。
まー、たぶん意図されている事の半分も分からずに鑑賞><
でも、見て良かったと思える作品だった。
スポンサーサイト
カテゴリ: [映画]海外

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。