ぐるぐるする夜に

酔いどれ女の見たり読んだり浸かったり。

スポンサーサイト

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ: スポンサー広告

 

サクリファイス/近藤史恵

2008.04.03

2007年






近藤史恵さん、初読みの作家さんです。
いやー、めちゃくちゃ読みやすくて一気読みでした。

自転車競技、ロードレースを描いたお話と言う事だけは
目にしていたけど(装丁見れば分かるか)、詳しくは知らず
単に順位を競うスポーツだとばかり思っていた。
知識がないから尚更面白かったって見方もできるかも。
そう思ってしまう位に、戦略ありきの奥が深い、
しかしながら人間味も感じられるスポーツだと
受け止めた。

冒頭から想像する内容、
主人公のいるポジションがこの本全体に暗に示すもの。
245頁と決して多くはない内容だけど、
読み終えてからこの構成を思い出すと、何かゾゾゾッと
してしまった。

実は、サクリファイスの意味を知らなくて、
意味調べなきゃ…、とは思っていたんだけど
結局スーッと最後まで読んじゃって…。
意味を知っていたら、もっと深く深く読もうとしたかも
しれない。
でも、読後に言いようのない戦慄を感じたのも確か。

ミステリー要素より、ツール・ド・ジャポンのくだりなどの
レースでの駆け引きの部分のほうがドキドキして読めた。
それでも、この人間観察を見誤った感、そうなるように
緻密に仕組まれたプロット。面白かったです。
スポンサーサイト

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。