ぐるぐるする夜に

酔いどれ女の見たり読んだり浸かったり。

スポンサーサイト

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ: スポンサー広告

 

腑抜けども、悲しみの愛を見せろ

2008.03.07



原作読了済み

これは…、永作博美あっての映画でしょう。
もう最初っから、一応主役であろう佐藤江梨子の影が薄く感じる程に
永作演じる待子の存在感ビシビシ来てます。
よく考えたら永作さんってドラマでは見てるかもしれないけど
映画では「好きだ、」位しか見てないかも。
この作品見ただけで、今ロードショー中の山崎ナオコーラ原作作品も
見たくて仕方がなくなっちゃったよ。

それから、妹役の子が可愛いかったので、ちょっとビックリ。
いくらネクラ風に演技していても可愛さがこぼれてたな。

冒頭のシーンの色使いが、グロいほどに鮮やかだし、
おぞましい漫画の絵も迫力ある。後半の展開は面白かった。

この映画にチャットモンチーの曲がどう合ってくるか、
その点もずっと楽しみだったんだけどこれも良かった。

原作の時から変わらずですが、やっぱりこのタイトルと
ルパン風?にデカデカとパキッと潔く書かれているフォントが
ものすっごく好きです。
スポンサーサイト
カテゴリ: [映画]邦画

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。