ぐるぐるする夜に

酔いどれ女の見たり読んだり浸かったり。

スポンサーサイト

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ: スポンサー広告

 

オーデュボンの祈り/伊坂幸太郎

2008.03.07

2000年






やっと伊坂さんのデビュー作を読み終わった!
伊坂さんを読むのがもしか初めてだったとしたら、挫折してたかも…。
そう思ってしまう位に、物語は不可思議で、次から次と出てくる
登場人物も意味不明な行動を取ってばかり。

いやー、面白かった。
これはスゴイ作品だわ。
ラストの爽快さと言ったらなかったです。
ピタッ、ピタッとそれまで曖昧だった物事がハッキリ形を現してくるような、
ジグソーパズルと言うよりかはルービックキューブ!
私は一面しか揃える事が出来ないけど、六面揃えられる人ってのは
たぶん、最後どこをどう回していくと全面揃うってのが分かってると
思うのね。
ラストに辿り着く為に、物語がより複雑に進んでいく感じ。
部屋の掃除を始めると、最初のうちは掃除前より汚くなってしまう感じ。
この作品の展開は、まさにそう言う感じだった。


島に欠けていたもの。伊坂氏のこよなく愛するものだよね?
著者の他作品にも、その愛情はキュートに描かれていたりするもの。

切なさも怒りも苦悩も愛もあるのに、優しい優しい気持ちだけが残った。
伊坂氏、すごくいい!
スポンサーサイト

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。