ぐるぐるする夜に

酔いどれ女の見たり読んだり浸かったり。

スポンサーサイト

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ: スポンサー広告

 

魔王/伊坂幸太郎

2008.02.09


ファシズム・戦争・憲法改正…、政治的な内容がかなり出てくる物語だった。
私自身が恥ずかしい位に今の日本の現状も政治的な事も知りたいと
思っていないのでどうしたものかと思ったけど、テーマがそれでは
ないのだと読んでいて分かるので大丈夫だった。

群集心理に得体の知れない恐怖を感じた。
日本の未来を考えて~、とかデカイ事は分からない。
もしかおかしな能力が授かったとしても、私なら
ちまちまと生きるような気がするくらいなのだから。
それでも、お金や権力、高い地位にある人が情報を
操作しマインドコントロールのような事をしていくのは
怖いと思っている。

「魔王」の暴力性を感じる怖さ。
「呼吸」の静かな優しさ。

歌曲、魔王の音楽や宮澤賢治の詩が、この物語に厚みを持たせている。
ちょっとこれ小説?何?と思わせるような、衝撃的で血の沸くような
本だった。
スポンサーサイト

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。