ぐるぐるする夜に

酔いどれ女の見たり読んだり浸かったり。

スポンサーサイト

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ: スポンサー広告

 

となりの姉妹/長野まゆみ

2008.02.02


長野まゆみさんの作品はかなり昔に1~2作品だけ読んだ記憶がある。
ちょっと私には掴みたくても掴めない不思議な世界感で
なかなか読むまで至らないのです。
いつも装丁が綺麗だなー、と思ってるのですが。

となりの姉妹、うっとりしてしまうような装丁です。
淡い水彩画風なイラストの色味がとても良いです。
よく見るとパール感もあって綺麗。
綴じ紐の色や透かし模様の入った紙で出来ていて
それが本の世界感にサラッとなじんでいます。

物語は…、苦手意識があったせいもあるけど
やっぱりちょっと読みにくかった。
会話文が「」で独立しておらず、文章にまぎれているので
どこまでを誰が話しているのか、の区切りが分かりにくくて
何度も何度も同じ所を読んで、といった感じで><
苦戦したけど、風来坊の兄、そしてその兄と言う人が
家族である妹から見た場合と、義姉やとなりの姉妹から見た
場合ではちょっと違った面が読み手に伝わってくるのが
面白かった。
何だか遠い昔の時代から時を経て、人を経て
ストンと良い形におさまるように願いのかけられた
そんな不思議なお話だった。
スポンサーサイト

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。