ぐるぐるする夜に

酔いどれ女の見たり読んだり浸かったり。

スポンサーサイト

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ: スポンサー広告

 

となり町戦争/三崎亜記

2008.02.01


江口さん好きの友人がチラっとこの映画を見て
すこぶるけなしていたのです。
それが初めて「となり町戦争」を私が知った瞬間。
読みたい本リストには全く入ってなかった本だったんだけど
図書館で目に入ってしまったので会話のネタにもなるかと思いチョイス。

設定はとても面白い。個性的。
ある日、届いた広報誌でとなり町と戦争が始まる事を知るのです。
主人公も戦争に従事するのだけど、本当に戦争が起こってるのかが
どうしても実感できないのだ。
その感覚は読み手も同じで、現実に起きてる事をいくら想像しても
思い浮かべるのさえ難しい。

共同事業として、町の発展を考えての戦争の裏では、愛する人を奪われる
町民もまたいると言う事実。
いくつか、考えさせられる点もあったのだけど
あまりにも不透明なストーリー展開や、恋愛が絡んでくる辺りが
個人的に受け付けなかった。

あえて、緊迫感のあるシーンを書かず読者の深い読みを期待したせいか
題材のインパクトを感じれなかったのが残念。
スポンサーサイト

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。