ぐるぐるする夜に

酔いどれ女の見たり読んだり浸かったり。

スポンサーサイト

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ: スポンサー広告

 

鳩笛草/宮部みゆき

2008.01.31


3編の超能力を持った女性の物語。
この中の1編。「燔祭」という作品を読みたかったのです。

「燔祭」には、「クロスファイア」の青木淳子が登場している。
物語もクロスファイアのプロローグにあたっています。

映画のほうでもレンタルして見てしまっているので
話の筋はだいたい分かっていた。
燔祭部分の青木淳子と多田一樹の出会いから別れまでの
軌跡も割と忠実に書かれていた。
ただ、こちらは多田一樹からの視点で書かれているのです。
クロスファイア上巻で感じた青木淳子の行き過ぎ感が
モロに出ていて、そのまま終わるので少し悲しかったなー。

「朽ちてゆくまで」「燔祭」そして、表題作の「鳩笛草」
それぞれは超能力という共通点はあるものの全く別個の話。
 人とは違う能力を大事な時に使えなかったのではないかと忌み嫌う者。
 その能力の攻撃性に振り回され、どうせなら悪を滅ぼす為に使いたいと思う者。
 能力をうまく仕事に活かしてきただけに、その能力無しでの自分は
 使い物にはならないと思う者。
一つ一つの作品も勿論良いのだけど、
全体を通して人生を見るような流れがあって良かったと思う。
スポンサーサイト

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。