ぐるぐるする夜に

酔いどれ女の見たり読んだり浸かったり。

スポンサーサイト

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ: スポンサー広告

 

デッドエンドの思い出/よしもとばなな

2007.12.25



よしもとばななが妊娠中に書いた本であり
さらに著者自らが、表題作のデッドエンドの思い出を
自分の作品の中で一番好き、とあとがきで語っている。

5篇の短編集。
私はよしもとばななの書く本が好きだ。
これはもうどうしようもなく変えられない事実みたいなもので
それでも、あまりに精神世界の話にいっちゃってて
よく分からないものや、他の読者の方と同じように良かったと思えない
作品もある。それでも、やっぱり好き。

これだけ前置きを書いたって事は、要するにダメだった、のだ。
今の私にとって、そこまで好きな作品とはならなかった。

著者が自分で好きだと書いちゃう程、思いいれのあるだろう
デッドエンドの思い出は2回読んだ。
2回目は、丁寧に、端っこに映る映像までも思い浮かべるように。
彼女の気持ちになるように。
でもダメだった。残念。

どの短編も好きです。ただ、わー今までのよしもとばななの作品より
断然イイ!ってのじゃないだけ。
切なくて、過去の自分を抱きしめてあげていくようなストーリー達に
良い時間を貰いました。

「幽霊の家」と「あったかくなんかない」が特にお気に入り。
スポンサーサイト

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。