ぐるぐるする夜に

酔いどれ女の見たり読んだり浸かったり。

スポンサーサイト

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ: スポンサー広告

 

夢を与える/綿谷りさ

2007.12.21



綿矢さんの本はこれが2冊目。
「蹴りたい背中」と比べると随分と読ませる作家さんという感じになってる事に驚いた。
違った見方をすると個性が見えなくなったと言えるかも、とか思った。
それでもこれだけの長編が書けるんだなー、と感心もしてみたり。

チャイルドモデルから芸能界で人気者になり、その後転落…なストーリー。
一人の生真面目な女の子のその恐ろしく起伏にとんだ人生
芸能界と言う特異な場所で生きているからこそのお話だろうけど、それでも
一女性として彼女の落ちていく様は読んでいて負の気持ちでいっぱいになり
結局、いつでも性が絡んでくるよな、と疲れた気持ちになった。(性じゃなければ心の病か)

不思議と心に残る表題とは裏腹に、展開は希望的なものなど一つもなく
しかしもうこれ以上いいよ、と思っている私の心を読んだかのようにプツリと終わった。
「蹴りたい背中」より好きな作品となった。
どんな夜だって越せる、生きてさえいりゃいいんだから。
しかし明けない夜はなくても、越せない夜はあるのではないだろうか。(258P)
スポンサーサイト

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。