ぐるぐるする夜に

酔いどれ女の見たり読んだり浸かったり。

スポンサーサイト

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ: スポンサー広告

 

風味絶佳/山田詠美

2007.12.18



6篇からなる短編集。
表題作の風味絶佳は沢尻エリカ、柳楽優弥で映画化。私は未見ですが。

山田詠美ほど読まず嫌いをおこさせる女性作家はいないのではないか、と思う。
私はというと、実は高校生の頃から彼女の作品を読みあさってきました。
年齢を重ねるごとに、実際に恋愛が濃いものになるにつれ段々と
彼女の作品を読むのがイヤになってきて、今後一切手に取る事もないだろう、と
さえ思っていたのです。

が、本当に久しぶりに読んだエイミーの作品。
良かったです。
文章もマイルドになっているし、それでいて流れるような表現が美しく
読点の多めな独特な文章が良い味を出していました。

6篇、どの作品も色々な味があり、存分に堪能させてもらった。
愛=セックスみたいな初期のイメージとは違い、彼女の男性を見る視点が
何となく分かりそれがまた良いのです。

あとがきで語られるエイミーのある日の風景、良いです。やられました。
スポンサーサイト

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。