ぐるぐるする夜に

酔いどれ女の見たり読んだり浸かったり。

スポンサーサイト

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ: スポンサー広告

 

ひとかげ/よしもとばなな

2007.11.24


1993年「とかげ」の著者本人によるリメイク版。

「ひとかげ」と言うタイトル、そして原ますみさんの絵。
素敵な名前の新作本だなー、と思っていたら「とかげ」のリメイクと知り
驚いたのを覚えている。
まぁ、リメイクなら読まないでいいや…とずっと思っていたんだけど
図書館で実際にこの本を見てしまったら、やっぱりその装丁が素敵すぎて
借りてしまった。

最初気づかなかったんだけど、後ろに「とかげ」も収録されている。
途中までリメイクのほうから読んでいたんだけど
慌てて「とかげ」を先に読む事にした。

「とかげ」にも「ひとかげ」にも、良さがある。
言葉を厳選してヒリヒリと語られる「とかげ」も良いし、
母親の言葉や仕事に対する姿勢、人への想いを丁寧に語る「ひとかげ」もまた良い。
しかし、たった、たった一文字付け加えただけのこのタイトル。
すごいなー。人影であり、とかげを内包している優しさみたいなのが感じられるし
彼女が息をのむように発する“ひ”でもあるだろう。
スポンサーサイト

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。