ぐるぐるする夜に

酔いどれ女の見たり読んだり浸かったり。

スポンサーサイト

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ: スポンサー広告

 

放課後/東野圭吾

2007.09.30


まだまだ東野圭吾読み出したばかりですが
「秘密」「手紙」辺りは最後のほうに取っておこうかと思っているので
(美味しいものは最後まで取っておく派)ここに来て乱歩賞受賞作でもあるデビュー作をチョイス。
毎度の事ながら職員さんに地下まで取りに行ってもらいました。あ~いやだ。

女子高を舞台にして起こる密室殺人からさらに事件は続き~みたいな本格的ミステリーでした。
トリックの図解とかまであって、基本的に単なるミステリーは難しいと思っていて苦手な私には
そこら辺はあんまり興味なし。
「変身」「宿命」などと比べて医学的にも科学的にもおかしな点は全くなく、とても現実にありえるような
内容だったが為に犯人の動機に驚いた。東野圭吾恐るべし。今から20年以上前の作品ですよ。

読者が動機を知るのはもうラストのほう。色々複線は張られてるんだけど、さっぱり分からずで
今ひとつグイグイ読ませてはくれなかったのだけど、その突飛と思える動機から
ラストまでが突然流れが速くなり、それまでどちらかと言うと淡々としていた主人公の
心情の変化とかが感じられて良かった。

動機にしても、まぁ、ありだと思う。当事者に限ってだけだけど。
先日見た黒澤リメイクSPドラマ「天国と地獄」の動機も今いち納得いかなかったのだから。

「片想い」の時もそうだったけど読後に、「放課後」 このタイトルを思い、主人公の語られる事なく
終わってしまったラストに“放課後”というものの表す風景が頭にパ~ッと浮かびました。
そうゆう点で素晴らしいと思う。
違った点から見れば読後感がスッキリしないと言う事だろうけど、私はこうゆう明るくはない形だとしても
余韻が残る作品が大好きなので満足です。
スポンサーサイト

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。