ぐるぐるする夜に

酔いどれ女の見たり読んだり浸かったり。

スポンサーサイト

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ: スポンサー広告

 

変身/東野圭吾

2007.09.13



今(さらながら)ハマッている東野圭吾作品。
毎度の事ですが予約でもしなければどの東野作品も読めない!と
言う状況の我が町図書館なので移動バスのほうから持ってきてもらった。
原作読んでから玉木宏と蒼井優主演での映画「変身」見よう♪と思ってチョイス。

ミステリー性がほとんど無かったせいもあってか「片想い」「宿命」ほどには
のめりこめずに読み進めた印象。
それでもやはり一気に読めました。
脳移植によって次第に自分を失っていく男と彼を見守る女性のお話。
変化していく自分を認識出来るのに、変化していきたくないのにそれを
止められないもどかしさ。
「アルジャーノンに花束を」と被ってきたかな?と思ったものの
全然違う展開を見せたのでまた話に没頭して読んだ。
しかし結構淡々と読んでいてラストも近くなり“あ~今作はガツーンとこなかったかなぁ”
と思っていたのだけど、ラストで涙がブワッと溢れました。
切なすぎます><
人間の心はどこにあるのか、と考えさせられた
スポンサーサイト

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。