ぐるぐるする夜に

酔いどれ女の見たり読んだり浸かったり。

スポンサーサイト

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ: スポンサー広告

 

悪童日記/アゴタ・クリストフ

2007.09.10



戦乱期の双子のお話。
地名や人名などの固有名詞が一切ないのだけど
史実に基づいているようです。

この子達が書いた日記と言う形式の文体なのもあって
文章はとても簡潔で読み進めやすかったが、
それゆえに 悪魔のような子達やそうでもならなくては
生き延びれなかったのかと思える程の過酷な状況との
ギャップに気持ち悪くなった。
童話チックなんだけど、これは子供が読んだらやばそうだなぁ
とか思ったり。
実は読んでいてずっと“本当に二人いるのかなぁ?”と
何度も思ったほどだった。
残酷で暴力性の高い内容にダメージを受けつつ読んでいたのだけどラストがまた印象的だった。

読後、この続きが2冊ある事を知ったのだけど、
この悪童日記だけで心を持ってかれた感があるので
しばし回復してから読もうかな
スポンサーサイト

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。