ぐるぐるする夜に

酔いどれ女の見たり読んだり浸かったり。

スポンサーサイト

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ: スポンサー広告

 

片想い/東野圭吾

2007.08.27



すごく良かった。

図書館で東野圭吾の本を絶対何か借りてこよう、と思っていた。
人気作家なのは分かっているから何でもいい、あるのでいい。
そしてハードカバーではこの「片想い」の一冊しかなかった。
確かミステリー作家だよな?と思いつつ、何か学生物っぽくて
いやだな~と思いつつ借りた。

次クール月9ドラマが東野圭吾作品になったから、意気込んでいるのだ。
おかしな話だが。
「白夜行」をドラマ→原作で見た私にとっては、今でもこれからも
やっぱりドラマの白夜行のほうが上なのだ。
原作のほうを先に知っていて読んでいたとしても ドラマのような
感動はこなかったのでは?と思うほどだった。
だからこそ、「探偵ガリレオ」は絶対に原作を先に読む。
月9の話が無かったならもう東野圭吾は読まなかったのかもしれない、とさえ思っていた。何てうれしい巡り合わせだろう。

「片想い」は装丁のイメージとは違い、学園物の恋愛話とかでは全然
無かった。
性同一障害とかそこら辺が関わっていて、そうゆう知り合いがいない
私には、そうゆう人達の人生を分かりえないのだけど
心と体、自分がしっかりしていればどんな外見で誰を好きになっても
いいじゃないと言う事では簡単に納得できない事、周りの大事な人を
捨ててまでも片側、男や女、としても生きる自分を求めてやまない事。
ストーリーも面白かった。ルールなど知らないけどアメフトのそれと
リンクさせて進んでいき、たまにこれは複線だな?と思わせるものが
あってこいつがきっと真犯人と思っていても、それが一体どうゆう
絡みかたをしてくるのか分からない。
事件の本質に迫れば迫るほどに、もう関わるな、と言う人が増える。
犯人が誰か、ではなく 一体何を守ろうとしているのか。それが
気になって気になって一気に読んでしまった。


「白夜行」、原作を先に読んでいれば やはりもう少し違った想いを
感じれたのかもなぁと思ってならなかった。

まだ東野作品はこれで2作目。
色々読みたい本があるのにちょっと嬉しく困っている。
スポンサーサイト

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。