ぐるぐるする夜に

酔いどれ女の見たり読んだり浸かったり。

スポンサーサイト

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ: スポンサー広告

 

霧のなかの子/トリイ・ヘイデン

2007.05.24



少し本を読みたいような読めるような感じになってきたので
早速借りてきて読んだ。
トリイの本は「ひまわりの森」以降は未読状態。

彼女の書く作品には、ほぼ決まって児童虐待、しかも性的虐待を
受けてきた子が出てくる。
とても久しぶりにトリイの本を読んだけど 相変わらずのパワーや
根気強さを感じた。
取り上げているケースが3人いるせいか ほぼラストでようやく
展開を見せる。
それまでの重苦しさといったら無い。
切ない別れがあり、それぞれが良い方向に向かっているのかさえ不安な程だった。
ノンフィクションなんだ、と改めて思った。
スポンサーサイト

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。