ぐるぐるする夜に

酔いどれ女の見たり読んだり浸かったり。

スポンサーサイト

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ: スポンサー広告

 

センセイの鞄/川上弘美

2006.09.28



川上弘美さんの本を手にしたのはこれで2冊目。
数ヶ月前に芥川賞作品、と言う事で「蛇を踏む」を借りてきたのだが
その感想は、何だ?この本は・・・さっぱり良さが分からない。と
言うものだったのだ。
良さが分からない、のは私の感性の問題な訳でさみしかった。
ただ川上弘美と言う人は独特の個人の世界を持っているのだろう、と
思った。
その点で気になっていた作家さんだった。

いくつかの読書ブログを参考に読みたい本を探していて
作風もちょっと違うみたいかな?と思い「センセイの鞄」をチョイス。
30歳↑の年の差の恋愛小説だった。
ツキコさんの少女のような想いやセンセイのまっすぐな背中の感じ。
古風な所。
素敵な時間を味わえる本でした。
スポンサーサイト

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。