ぐるぐるする夜に

酔いどれ女の見たり読んだり浸かったり。

スポンサーサイト

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ: スポンサー広告

 

三面記事小説/角田光代

2008.07.30

2007年






いやー、これが黒角田とか言われてる作風なのかな。
この気持ちをうまく言いあらわせないのが辛い。
ダーク、黒い、とかじゃぬるすぎる。

新聞の社会面、三面記事に毎日のように載る
殺人事件だったり、不穏な事件を基にして書かれた
フィクション。
「八日目の蝉」も序盤かなりの部分が実際にあった事件を
基に書かれていたけど、この作品の大半は涙と全く無縁で
他人事では無いとは思いながらも、野次馬的に下劣な目で
見ている自分にも気づいたりして、本当胸糞悪かった。

6つの短編で、そのうち最初の「愛の巣」の基になった事件
だけは探偵ファイルで見て印象に残っていたけど、
他の事件は当時は耳にしていたのかもしれないけど
覚えがなく、ググってもあまりヒットしない事件もあった。
殺人が絡んでないとそうなのかな。

「愛の巣」は犯人の義理の妹からの目線だったのが面白かった。
フィクション部分が皮肉ってて、まだ野次馬根性丸出しで
怖いねー、などと思いながら読んでいられた。

「ゆうべの花火」と「彼方の城」はヒドイ。
これ読んでブルーになる女性が何人いただろうかとさえ思う程。
女って…、悲しい。男がお金で性を買うのはおかしくもないのに
どうして女だと、こうキッツイ感が溢れてしまうんだろう。

「永遠の花園」は、いいお話?だと思ってしまった。
ちょっと「対岸の彼女」に通じる女の子の友情の強さに
満ちていて、でもそれは永遠には続かなくって。
花園って雰囲気もあったと思う。

「赤い筆箱」これはやられた。
どの短編にも最初に新聞等からの抜粋記事が載ってるんだけど
その部分で騙されたもんなー。
実際に起きた事件をこんな形で別次元のお話を作ってしまうなんて!
と思ったのに。

「光の川」この作品は一番誰しもが身近に起きうる可能性のあるお話でしょう。
うちも兄と私で(と言うか病院関係のいざこざや保険関連は全部兄がやってくれたが)
痴呆の祖母を看取ったので、この手のお話は辛くて辛くてあまり読みたくないです。
これは下世話な気分で見る事件ではない、と思った。
スポンサーサイト

 

夜のピクニック/恩田陸

2008.07.28

2004年






2005年第2回本屋大賞受賞。
ずっと読んでみたい、と思っていた作品。

ある高校の「歩行祭」というイベントでのお話。
ちなみに、恩田陸さんご出身の水戸にある高校で
実際にある行事らしくて驚き…と言うか怖いです。
だって、たった2時間の仮眠で24時間約80キロを只ひたすら
全校生徒で歩く、と言うものなんだもん。
半端じゃない。
時々に変わる風景や、夜通し友達と苦を共にしながらも
歩く姿、想像を絶する疲労と闘いながらもう駄目だ、
いやあと少し、と一歩一歩足を前に進める姿が
頭に浮かんだ。

そんな苦行のようなだけのお話では勿論なく、
高校生活最後の歩行祭がどれだけ後の人生の中で
何度も想いだされ自分を励ましてくれるかを
自覚している、そんなちょっと大人な登場人物達の
悩みや友情の再確認があったりする。


変に盛り上げてこなくてとても爽やかな一冊だった。
章分けもなく、場面展開の所でも空白の欄が無かったり
とても短かったりと、とにかく“一本の道だ”と
読んでいてずっと思っていた。
長い長い人生の中で何て凝縮された想いの詰まった
部分なんだろう。

貴子と融。これから、きっと近すぎるからこそ辛い想いを
する事もあるだろう。
それでもこの歩行祭での一歩を踏み出せた事に
よく頑張ったね、とエールを送りたい。

 

鼓笛隊の襲来/三崎亜記

2008.07.26

2008年






あら?!良かったです。とっても。
三崎亜紀さんの本は「となり町戦争」だけしか読んでいないけど
この作品も他にはない感性で書かれていて、
不思議さ不可解さ満載で、それがもの悲しい内容だったり
時にはゾッとする話だったり、ホロっときたり。すごい。
実は「となり町戦争」の読後は、他作品もこんな感じで奇抜な設定&
読んでいてピンとこないのなら読めないなー、と
思っていただけにこの作品は良かった。

9つの短編集。
もしかしたら私この作家さんは短編のほうが好きなのかも。
ドラマ「世にも奇妙な物語」みたいな作品が多いので
長すぎると違和感のほうに負けてしまうみたいな。
この短編集では割と登場人物の心の中に入っていける部分が
あったので(人間の負の感情とか)尚更面白く感じたのかも。

一回読んで終わり、には勿体無い位の作品だったと思う。 

「鼓笛隊の襲来」
どっからこんな発想が浮かんでくるのかしら。最初から一気に
もってかれる。

「彼女の爪跡展」
この作品は温度が好き。どの作品にも通じている現実にあるのに
見えないものが記憶を通して描かれていて切なく美しい。
一回、うわこの作品美しいわ、と思っちゃったので
もうちょっとした文章までグッときてしまった。

「象さんすべり台のある街」
メルヘンのようなお話なのに悲しみに覆われていて
街の記憶と象の墓場からイメージされるものに
圧倒された。

「同じ夜空を見上げて」
ラストがこんな温かいお話で素直に涙を流していいのか?と
思うほどの切なくも光のあるお話だった。
某韓国映画の一場面を思い出した。


 

のぼうの城/和田竜

2008.07.21

2007年






読書系ブログで随分と目にしていた作品。
歴史小説だったんですね。(なんだと思っていたのか)
序盤で何度も無理無理!、と知らない事だらけの史実に
(日本史は好きだったのにな。単に暗記が得意だっただけ
なんだと痛感)悪戦苦闘した。

メインのお話以外に、細かい挿話や歴史書からの逸話が
多かったのも歴史小説初めての私にはきつかった。
でも、そんな苦手意識は序盤だけ。
メインのお話は興味深く面白かった。
戦国に生きた武将達の敵に対しても礼を重んじているような心意気がにくい。
いい塩梅にグッとくる台詞も入ったりして、
読んでいて体があっつくなる感じ。

これを機に歴史小説も読もう!などとは微塵も思えなかったけど
この作品に登場する武将が関係している時代劇とかだったら
見てみたいなーと思ったり。
エンターテイメントと史実とが良い具合に合わさった
本だったんじゃないかと思う。

 

切れた鎖/田中慎弥

2008.07.17

2008年
第34回川端康成文学賞「蛹」
第21回三島由紀夫賞「切れた鎖」




賞レース受賞2作を含む3篇の短編集。

「蛹」
作家ご自身の状況を描いているかのような作品。

「切れた鎖」
文章や構成の分かりにくさで芥川賞は落選、
逆にその難解さを評価されての三島賞受賞だったよう。

いやー。厳しかった。
難解なんてもんじゃない。
無理なら早目に決断するべきだった。
頑張って読了。
初めて読んだ作家さんだけど、この方の人となりをググッて
から読むと、また、作品の黒さ、ドロドロってのを通り過ぎて
触れない程の闇がすごい存在感で在り、怖いです。
どの作品も神経が極度の状態にあるような感じを受けて
こんな作品ばかり生み出していくのだとしたら
大変なんてもんじゃないな…、と心配になってしまった。

 

スカイ・クロラ/森博嗣

2008.07.15

2001年






森博嗣さんの本を読むのは初めて。
とうとう読んでしまった。
実は「すべてがFになる」をプレイステーションの
ゲームでかなり昔にやった事がある。
それで、何かすごく難しいイメージがあったし
シリーズ物が多いっぽいので手に取れずにいた。

ただ、このスカイ・クロラの装丁だけは
いつもどこか気になっていた。
スカイ・クロラと言う言葉の響きの美しさ、
装丁に埋め込まれたナイフのような言葉達。


シリーズ物として「スカイ・クロラ」の位置付けも
発表されているようだけど、私はどんな本でも刊行順に
読めた人を羨ましく思う。
映画や賞レースで脚光を浴びたからポッとその作品を
読んでみた、と言うのではなく、本や作家そのものを
愛してずっと追っかけているような人って尊敬してしまう。
私はミーハーだし、いつも話題になっている作品を
追っかけているばかりだからな。

「スカイ・クロラ」の印象。
透明・無・温度のなさ(良い意味で)。
背景が曖昧でこの一冊だけでは分からない事が多すぎる。
それなのにこれが実質は最終章な訳で。
ただ読んでいて私は心静かにいられたように思う。
全てを無機質な目で見ているその厳しさを私は
分かりたいと思った。

章ごとにサリンジャーの「ナイン・ストーリーズ」から
引用があって途中でそれに気付けたそんな事にホッとした。
小さいな。

 

東京・地震・たんぽぽ/豊島ミホ

2008.07.13

2007年






東京で震度6の地震が起きた…という設定で、
その時露わになる人の気持ちをテーマに描かれた14の物語だった。

一つ一つの作品はとても短い。
主人公をズラしてリンクしている物語が幾つかあって
そこの部分で“これは小説なんだ”って再確認して
何故かホっとした気持ちになった。
それ位、どうしてこんなに色んなケースで書いてくるの?って
思う位に、読んでいてとても消耗してしまった。
短篇の意味は私には大きかったです。

 

あぽやん/新野剛志

2008.07.13

2008年






直木賞候補になっている新野剛志「あぽやん」を読んでみた。
初読みの作家さん。
あぽやんって何の事?って思ってたけど、
空港(airport)勤務の旅行会社の人をそう呼ぶらしい。
ちょっと間の抜けてるような、でも可愛い呼び方。

空港が舞台になるお話なんて初だし、(映画「ターミナル」の事は
チラッと頭に浮かんだ。実際に出てくる)業界用語も出てきて
大丈夫かなー?ちゃんと理解して楽しめるかなー?と不安だったんだけど
大丈夫でした。面白かったです。

私自身は海外に行った事は勿論無く、両手で数えれる位しか飛行機に乗った
事がないので、空港の雰囲気をもっともっと想像できれば良かったな。
それでも、主人公や同僚の姿、色んな思いを胸にやってくる旅客達、
トラブルに右往左往しながらも心から旅客の事を思って
働いてる姿が想像できて目頭が熱くなってしまった。

左遷とさえ思えた空港勤務で、直に旅客と接し、先輩達の仕事への
真摯な姿を目にし、様々なトラブルに全員で対応していく姿、
あぽやんになっていく姿がとても気持ちよかった。

 

アンボス・ムンドス/桐野夏生

2008.07.11

2005年






帯には“一日前の地球の裏側で、あなたを待っています。”
何か切な系で心に残るフレーズ。
それなのに装丁画はポップな毒キノコ!(読後にマジマジ見てみると
気持ち悪いわ)

7篇の短編集だった。
タイトルのアンボス・ムンドスとは「両方の世界・ 新旧ふたつの世界」
らしくて、そこから連想される言葉として裏表・明暗とか
桐野さんってやっぱりこうゆう文章なのね、と思わせる
人の悪意とか、表には出さないドロドロした感情とか…
そんな物語達だった。

全然怖い系のお話じゃないのに、背筋がゾゾゾっとして
気味悪かったなー。
フンフン読んでたらラストでスコーンと奈落に落とされてしまった、
みたいな。
かと思えば、悪意のある登場人物と心を同じくして
ニヤリとしながら読んでる時があるのも自覚したりして
尚更ぐったりしたり。

「浮島の森」だけはちょっとテイストが違ったのかな。
正直この作品はちゃんと理解できたか不安。
妻譲渡事件と言うのが実際にあった事件だとは読後に知った。

「植林」はタイトルがまたうまいです。
普通ならもっと作品の内容に即したのつけちゃいそう。
この作品の温度感すごく好き。

表題作「アンボス・ムンドス」も良かった。
悪意を発している正体の違和感と言うか、
そんな結末信じたくありません的なものが
読者を突き落としてくれるだろう。

 

4TEEN/石田衣良

2008.07.09

第129回直木賞
2003年






育った環境が見事に対極となっているダイとナオト、
頭の良いジュンと特に現状に不満を感じた事のない主人公のテツロー、
4人の中学生の物語。

色々な事が起きる。
ちょっとありえない位にドラマチックな物語もあるけど
4人が中学生らしく悩みはじけている姿がなかなか良かった。

明日も会えるのにバイバイってそれぞれの帰途につく、あの感じが
すんごく懐かしい。
それって学生時代にしかなかった当たり前だけど
幸せな事だったような気がする。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
直木賞繋がりで。
2008年上半期の直木賞発表がもうすぐ。
伊坂さんが候補落ちでビックリされた方も多いようだけど
(私は誰の作品が候補になるかとか予想さえ出来ないです。)
辞退されていたのですね。

 

風化する女/木村紅美

2008.07.08

2007年







木村紅美さん、芥川賞候補に上がってる方と言うただそれだけで
既刊本を借りてみた。初読みの作家さんです。

2篇収録。
文學界新人賞受賞の「風化する女」も良かったけど、
「海行き」のほうが好みかな。
置いてきぼりをくっているような主人公の目線に
自分を重ねてしまったから、だろうな。
良い時代を想い出しつつも、でも戻りたくはないなって
感覚も一緒だった。

何故か気になって物語の最後のほうで出てきた
丸尾末広をググッてみたらば、「少女椿」の方だった。
某動画サイトで動画見た事あり。あれは衝撃だった。

 

Re-born はじまりの一歩

2008.07.05

2008年







新たな出会い、スタートをモチーフにした人気作家の
アンソロジー作品。
また読書するようになってから実は初のアンソロジー物です。
読んだ事のない作家さんが多いので、どうも手が伸びないのです。
この作品もお初の作家さんが4人。
なので、まずはお初の4人の方から読んで、瀬尾さん、伊坂さん、
豊島さんの順で読みました。

単に明るい未来を想像するようなお話じゃないのが良い。
それぞれの作家さんが感じるはじまりの一歩へ
向けての想いが描かれていて読み応えたっぷりだった。

初読みとなった作家さんの中では平山瑞穂さんの作品が
好みだったかも。
中島京子さんのお話は、ええ?ってなった。

瀬尾さんのお話を読むのは久しぶりだったので、
嬉しいー!と思いながら読んだ。良いです。
最新刊と繋がっているお話のようですね。まだ予約してないけど
楽しみだ。

豊島さんの作品の教室のシーンはCoccoの曲がどうも頭に
流れて仕方なかった。良いお話だった。

そして伊坂さん。最近伊坂さん本を借りられずにいるので
かなり飢えていた所です。
何か雰囲気が他の作品と違うし、そんな流れありえないわー、と
思いながらもやっぱり伊坂ワールドにはまってしまった。

人生いくつになっても、はじまりの一歩の場面はあるわけで、
私はまだこんな年で全ての事に臆病になっているわけだ。
怖いのは皆一緒なんだろうから、思い切りの良さや勇気が
欲しいなー。

 

花が咲く頃いた君と/豊島ミホ

2008.07.04

2008年






四季の花をモチーフに描かれた4つの短編集でした。

花にも時期があるように、巡りいく時の中で
避けられない別れがあり、それでも次にくる季節
自分で光を見つけられる未来を感じられる
そんな作品群だったと思う。

割とサラサラと読めてしまって豊島さんの作品から感じる
薄気味悪さとか毒は今回は薄かったかも。
一つ一つにちゃんと花のある風景が季節感と共に
思い浮かんだし、喪失の痛みや切なさ、ままならない自分も
感じた。


「コスモスと逃亡者」
設定が悲しいんだけど好き。
未来は明るいだけではないだろうけど、傷付く事も
人より多いかもしれないけど。

「椿に積もる雪の音」このタイトルの使われ方にしびれた。
おじいちゃん大好きだった私はかなり自分とかぶせて
読んでしまった。おじいちゃんとおばあちゃんの寝室の
匂いとか一気に思い出してしまってまいった。

「僕と桜と五つの春」
これも設定が美しい。
多くの人の目に映るようになっても、僕だけはあの凛とした、
そして傷を抱えた桜を覚えているのだろう。

 

キャッチボール屋

2008.07.02


南朋さん見たさで保存していた映画をやっと鑑賞。
パッケージからものほほーん感しまくりだったので
だらけて見れる時に見ようと思っていた作品です。
抑揚のない作品ってつまらなく思える事があるから。

でも、思っていたのと違ったかも。
監督自身も“まぬけな映画”にしたかったようだけど
淡々とした中にも良い味わいがあった。
南朋さんはボーっとした役。なのでちょっと合わない。

でも、周りのキャストが渋い所固めていて
(光石研、松重豊、寺島進)
特に寺島進さんには笑わせてもらった。
好きだなー。

そのシーンそのシーンによって気付くと視点の中心が
変わってるのが面白かった。
あれー?南朋さん今脇役ですね、みたいな。


ちょっと不思議な雰囲気もあって、よく分からなかった所も
あったけど、キャッチボールを通して何かを受け止めて、
忘れていた自分を再発見してくみたいな。
百恵さんのレコードも素敵な使われ方をしていた。
カテゴリ: [映画]邦画

 

風に舞いあがるビニールシート/森絵都

2008.07.01

2006年
第135回直木賞





読んでみたかった直木賞受賞作品。
色んな意味で驚きながら読んだ。
森絵都さんの本はこの間「カラフル」をまず手始めに、と
読んだばかり。
なので、こうも文体(子供・若者向けと大人向けと区別するのは
アレだけど)が違っていてびっくりしたのだ。
そして、この作品は短篇集だったのだけど個々で見ると
描かれている世界の幅がかなり広く独特。
(連作短編の形の作品を読む事が多かったせいもあるかも)
だから一つ一つの作品が妙にクッキリと独立してる感があった。
だけど物語も後半になるにつれ共通して
根底に流れているものに気付いた。ため息が出た。

世間一般のものさしではなく自分だけの大切なもの、
社会的地位やお金に惑わされない自分だけの価値観。
そして皆、不器用だ。

「鐘の音」は仏像にたずさわる人達のお話で
こんなお話を読むのは初めてだったし、
物語自体も自分の心と向き合う静けさや時の流れを
夢のように感じながら読んだ。

「ジェネレーションX」はこの作品の中で一番短いものだけど
読んでいてとても楽しかったし読後感も爽快。
元気になれる作品っていいなーって久々に素直に思えた。

「風に舞い上がるビニールシート」表題作のこの作品もまた
独特な内容で驚いた。参考文献の量もすごいです。
所々で胸をえぐられるような苦しさにあい、何度か涙した。

この作品で、他の作品も読んでいこう!と思えた。

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。