ぐるぐるする夜に

酔いどれ女の見たり読んだり浸かったり。

スポンサーサイト

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ: スポンサー広告

 

赤い長靴/江國 香織

2007.05.28



読み終わるまでずっと、何処で何かが起きるはずだ!と思いながら
読んでいたような気がする。
子供のいない夫婦のお話。
江國さんは、どこか一般的には普通と思われる考えから飛び出たような
女性を描く事が多い気がするので、今回はこう来たか…と思って読む。
私は、あ~分かる…かな?分かるけど、実際はいるかな?どうだろうね
って感じの女性像だった。
すごくすごく狭い範囲に生きていて、敵と味方しか無いっていう突き抜けた人との接点の受け止め方は私は分かる気がするのです。
そういう生き方しか出来ない人を知ってるし、自分自身もそういう生き方を出来る人って好きです。

ん~。しかし、結局は“何か”は起きる事なくストーリーは終わって
しまいました。
私は、ちょうど半分辺りまで読んだ所で、“あぁ~、結婚するきっかけの事件が、彼女を少し心身的におかしくさせてしまう事があったのね”
と、思って読んだのですが…特に何もなかった。
本書タイトルの「赤い長靴」のくだり、友人の子どもが貼り残した
トイレのシールで思った事は? 何か、伏線があったように思ったのに
結局は何もなく終わった。

気味の悪い本でした。その感想を持ってして、悪くはなかった、と思います。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
六月のさくら」を見に行こう、見に行こう、と思いつつ
結局、満開にならずで散ってしまったらしい。
スポンサーサイト

 

霧のなかの子/トリイ・ヘイデン

2007.05.24



少し本を読みたいような読めるような感じになってきたので
早速借りてきて読んだ。
トリイの本は「ひまわりの森」以降は未読状態。

彼女の書く作品には、ほぼ決まって児童虐待、しかも性的虐待を
受けてきた子が出てくる。
とても久しぶりにトリイの本を読んだけど 相変わらずのパワーや
根気強さを感じた。
取り上げているケースが3人いるせいか ほぼラストでようやく
展開を見せる。
それまでの重苦しさといったら無い。
切ない別れがあり、それぞれが良い方向に向かっているのかさえ不安な程だった。
ノンフィクションなんだ、と改めて思った。

 

佐賀のがばいばあちゃん

2007.05.18



恐らくレンタルしてまでは見る事はなかっただろうと思う。
レビュー見ると、ほとんどの方が原作に遠く及ばない的な事を
書いている。良かった、原作読んでないので普通に感動してしまいました。
チラっと原作読みたいな…とは思ったけど 如何せん読書したいけど
面倒くさい状態なので無理。
深い事考えずにただストレートに胸を打たれました。
ラスト、ばあちゃんの素直な声に号泣。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
顎関節症が治ったと思ったら、風邪引いた。
自分でも不思議に思ったけど、一体どのタイミングで風邪が
引けるんですか!!

映画で泣き、鬼のこれからの活動やSSTVのアレをありがたく
拝見させてもらって顔が腫れる程泣いて鼻水ダーダー。
これは夢なのか?と思ったりしてしまってるけど
また少し大人っぽさの増した鬼を大事に見たいと思います。

カテゴリ: [映画]邦画

 

打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?

2007.05.15



便利な時代だとつくづく思う。レンタルせずに見れるんだもんな、と
独り言。

以前から見たい、見たいと思ってた岩井俊二作品。
どこでも高評価な気がします。
えぇと、私は何が良いのか?どこでうぅっとくるのかサッパリ判らず。
悔しいからもう一度見直すつもりです。一時間無いし。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
夜、兄が何やらドタバタしてる音が聞こえたので
何事か?と思ったらネットが切れてる、との事。
げげっ、思い当たる節かなりアリorz
実は3月請求分を期日までに払ってなくて 未納のままだと
5月15日に止める、との葉書が来ていたのだ。勿論すぐ
払ったんだけど(4月末に) またしても4月分が未納状態。
ん~、でも止められないよなぁ?今日停止通知来てた分は払ったし…。
でもでも、今日ネット切れたって事はどう考えても私が原因じゃん!!
やばいやばい、怒られるなぁ…、兄は私が前の恋人との間でも
金銭面で色々借金背負ってあげたり、今でも家賃を滞納してしまう
のが治らないので また払い遅れなんてのが発覚すると たぶん
鬼のごとく怒る筈なのです。はぁ。
 
まぁ、結局は東日本のネットが繋がらなくなってるらしい事を
電話で知ったので 思いっきりホッとしました。
お風呂に連れてってもらって帰ってきたら接続されてたし。
GW中は葉桜だった桜の木が満開になってて綺麗だった。

カテゴリ: [映画]邦画

 

座頭市

2007.05.14



「TAKESI'S」を見て他の方のブログとかで感想を読んでた時に
ほとんどの方が上げいてた作品。
勝新太郎主演映画のリメイクなのかな。
いやぁ、面白かったです。飽きずに見れました。
ストーリーもややこやしくないし、各所で目を惹きつける物があって
おもしろいっ、おぉっ、と言った感じで見れました。
見た大多数の方も書いてるように 農作業や大工さんが働いている
光景と、音とのアレが、あれ~?こういうのって他の映画でも
使われてるっぽいけどそうでもないのかな?分からないけど
すごくイイね!って見てる側にも良いリズムが生まれます。
北野たけしの映画は、ほとんど見てないけど この役は嵌り役でした。
すごくかっこ良かったと思う。
血飛沫はCGが使われたようで、薄闇にハッとする程赤が映えるシーンも
ありました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
さすがにアレだろうと思って我慢してたのですが 昨夜、とうとう
また灯油を入れてストーブ点火。今日も夜中になってお酒で
体が冷えてきたので付けました。
今日は私にとっては最後の砦的、秘密にしている事を今なら
伝えられるのにな、でも今伝えてどうするのさ、どうにもならないしょ、でもすごい事だと思った気持ちだけは伝えたいなって思って
話してしまいましたので、それから一日中ずっと“あぁぁ、やっぱ
言わなきゃ良かった、恥ずかしい”などとウダウダしておりました。
私にとっては人間じゃないだろ、的に恥ずかしい事。
生きてくうえで誰にもこの点では救いを求められないのだから
もう誰にも言う事はないのかもしれない。
年齢がいつか私を諦めさせてくれる、その時を待とう。
カテゴリ: [映画]邦画

 

虹の女神

2007.05.06



兄に岩井さんプロデュースの映画あるみたいだよ、と教えて貰ったので
早速チョイス。
評価が結構良かったようだけど、私はそんなにすごく良い!!って程でも無かったかな。
「ニライカナイからの手紙」の監督でもある熊澤尚人さんの作品だったようで、映像の感じがどこかぼやけていて夢のようでした。

キャストが「偶然にも最悪な少年」「リリイ・シュシュのすべて」の市川・蒼井優コンビ、父親役の小日向さん、そして実はこれが私にとっては初見に近い上野樹里さん(ジョゼ~の作品に出てた子なんだと後で知った位)ら、皆、すごく自然な演技。
上野樹里さん出てる映画は結構評価高いのは知ってるので
これを機に他のも見てみようかな。

すごく親密な男女、でも少しだけ、いやかなり女の子ほうの気持ちは
大きいの。近すぎてもどかしい切ないシーンがありました。
カテゴリ: [映画]邦画

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。