ぐるぐるする夜に

酔いどれ女の見たり読んだり浸かったり。

スポンサーサイト

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ: スポンサー広告

 

GOTH-リストカット事件-

2006.07.28



ずっと読んでみたいと思っていた乙一作品をやっとこ読みました。
評価が高いのもあって気になってたんだけど
自分的にはミステリーとも取れないし、内容はかなり猟奇的なのに精神的に辛くなるような事もなく
主人公とヒロインのキャラはすごくいいんだけど
どうも文章なんだろうか?何かがしっくりこずで
これが高評価の本なのか・・・といった感想です。
良い意味で期待を裏切られた一番は、副題のリストカット事件の内容が
思っていたような内容じゃなかった事かな。

スポンサーサイト
カテゴリ: [著者あ行]乙一

 

心細いけど歩かねば

2006.07.24

頭ん中ぐるぐるしてる詩。
中学か高校で習った「檸檬哀歌」




「檸檬哀歌」高村光太郎

そんなにもあなたはレモンを待ってゐた
かなしく白くあかるい死の床で
わたしの手からとった一つのレモンを
あなたのきれいな歯ががりりと噛んだ
トパアズいろの香気が立つ
その数滴の天のものなるレモンの汁は
ぱつとあなたの意識を正常にした
あなたの青く澄んだ眼がかすかに笑ふ
わたしの手を握るあなたの力の健康さよ
あなたの咽喉に嵐はあるが
かういふ命の瀬戸ぎはに
智恵子はもとの智恵子となり
生涯の愛を一瞬にかたむけた
それからひと時
昔山巓でしたやうな深呼吸を一つして
あなたの機関はそれなり止まった
写真の前に挿した桜の花かげに
すずしく光るレモンを今日も置かう
カテゴリ: [日記]日記

 

ありがとう

2006.07.23

どんな理由があるにしろ見送りにいけない私を
許してください。
誰に何を言われたとしても本当は行くべきです。
最後を見守れた事、良かったと思っています。
ありがとう。
カテゴリ: [日記]日記

 

呼び出し

2006.07.20

ずっと生きていきいてほしい。
家族が減るから。
でも辛そうだった。とても。
カテゴリ: [日記]日記

 

家族狩り/天童荒太

2006.07.20

大長編でした。
第一部を手にしたのは2ヶ月前っぽい。
一つ一つの点が徐々に核心に迫っていくっていう形は
とても好きだけど ちょっと登場人物が多かったような気がする。
私の理想とする読書の形(読書だけではなく映画でも何でもだけど)
は、残り少なくなってきたのを実感したときに“まだ終わってほしくない。ずっとこの気持ちでこの世界にいたい”というもの。
「永遠の仔」の時はページが残り少なくなっていくのが本当に
淋しかった。
「家族狩り」は長編なのもあってか“早く終わらないかなぁ~”と思ったのが本音。
家族とは何か、愛を伝えられていたか、伝わっていたのか~、
猟奇的殺人を繰り返した者の思いを絶対間違ってると言えるのか、
分からない。
ただ、自分が、身内が、何かしらのおかしな行動を取らずに来れたこと
これからもそうである事を望む。

色々思う事はあるのです。こうゆう本を読むとね。
お母さん、ごめんね。
お母さんを悲しい人だと思っていた、ずっと。
もっと別の道があるでしょう?と思っていた。
お母さんにはきっともっと素敵な人生があるよ、と。
子供ながらに居心地の悪そうな母を見ていた。
そしてその子供の私は絶対あなたより幸せになれないんだよ。
何も分からずじまいで終わりましたね。
私にとってはただ冷たい人でした。
愛されていると一度も思えた事はなかったけど
こんな馬鹿娘の母になってくれてありがとう。ごめんね。
あなたが生きていてくれたら、どんなにか良かったと思います。

 

みんなのいえ

2006.07.16



三谷さん監督脚本の映画はこれが見たの2作目です。
以前見た『笑の大学』がちょっと衝撃的だったのもあって
三谷作品見てみるか~って思ったんです。
結果、「みんなのいえ」は特に何もなく淡々とただ見ていただけ~程度
に終わってしまいました。残念。
本にしろ映画にしろ初めてのものが当たりだと、本当に次が楽しみなんですよね。
まぁ、だいたいが自分にとっては一発屋で終わっちゃうんだけど。
『笑の大学』は舞台チックな作りで、下らないけど面白い、
しかも感動できてしまう映画だったのです。
そう言えば『容疑者室井慎次』も少し舞台チックだなぁって思ったなぁ。
カテゴリ: [映画]邦画

 

パソコンがぁぁ

2006.07.16

ここ数日パソコンの稼動音が気になってたんです
それが2~3日前から耐えられない程にうるさい音になってきて
結構つけっぱなしの事が多いんだけど さすがに
こまめに電源切ったりしてた。
んで、今日とうとうパソコンとは思えない音を発したあと
起動しなくなりましたヽ(;´Д`)ノ
早速 お兄ちゃんを捕まえて見てもらった所
ビデオカード?の扇風機みたいな羽の部分が壊れてるらしく
しかも私がネットゲームやってるものだから私のほうに
良いビデオカードつけてくれてたらしく、兄もかなり
ショック・・・というか痛手を受けてるようでした。
ぃや、ショックも痛手も同じか?まぁ いいや。
はぁ、そんなねぇ、いいの付けてくれてなくても良かったのに・・・。

使ってない昔のビデオカードを急遽付けてもらって
音が静かになったので とっても快適であります(*´д`*)b

ぁ、あと、禁酒。辛いです。てか昨夜から飲んでますが(´∀`*)
TVが映らない家ゆえドラマ大好き人間なくせに
激しく前クールのドラマを見ている次第であります。

渡部さんが出てるから見たいなぁ~って程度だった『百夜行』
一話目だけ見た時点で、これは先に原作読んだほうがいいかも!って
位に良さげな雰囲気だったんだけど、ついついダダダ~ッと9話まで
見てしまいました。
えぇ、ノンストップで見てしまいました(_Д_)
もったいないもったいない・・・。
本当に本当に先に原作ありきですよ、きっと。
いやドラマだけしか知らない時点でも良いんだから そう思うのです。

あと今日からまた平熱に戻りました(≧∇≦)b
カテゴリ: [日記]日記

 

(_Д_)アウ

2006.07.12

二日酔い|Д`)
記憶がない|Д`)

来週の月曜まで禁酒したい…。
さすがに今日は飲まないけど
新発売の缶チューハイを発見して立ち止まっちゃった(´ρ`)
カテゴリ: [日記]日記

 

お年寄りの多い町なんだからさ・・・

2006.07.07

地元の商業施設が無料送迎バスを廃止した模様。
確かに買い物せず一日時間を潰している人も多いだろけど
無料バスは結構 乗車率が良かったんじゃないかと思う。
5~6回しか乗った事ないけど・・・。

そんな事より おとついかな。鏡月1㍑のペットボトルを購入。
うちに乙類焼酎が山ほどあるので焼酎は買わない・・・って思って
たんだけど・・・。
さっぱり飲みたいな~って思う時も多々あった訳で・・・。
あと、ビール(発泡酒)箱買いしたい・・・とか。まだ我慢してるけど。
とにかく、私ってアル中みたい・・・って思ったのでした(´・ω・`)
人から言わせると とっくの昔っからアル中らしいですけど・・・。
自分では違うと思ってるのです。

あぁ~。メリハリのある生活がしたい。でも出来ない。
意思が弱すぎ。自分に甘すぎ。
カテゴリ: [日記]日記

 

デスノート

2006.07.05

やっとこ見にいってきましたデスノート。
ジャンプで読んでいたのではなく 藤原くん主演だし~って程度に
気になって先月かな?一度ザ~っと読んだだけなのです。
そんな状況。

一番の心配?はエル役の松ケンにときめけるか・・・だったのですが(ぇ
ダメでした_| ̄|○  
さみしぃ( ´Д⊂
映画オリジナルのストーリーの所は良かったです。
素でライトが操作してるとは思わずに見てたから
うわっライトすごい!とか思った。
けど・・・、あの子まで操作してたのはどうなんでしょ??

あとは普通に漫画のとおりっぽく進むので(当たり前か)
ちょっと眠くなったり。
エルがスクリーンに映るたびにニヤニヤしてしまうんじゃないかと
ドキドキしていたのに残念(ノ´∀`*)
カテゴリ: [映画]邦画

 

つきさむ温泉へ

2006.07.05

こないだ楽しみにしていたのに休館日で入れなかったつきさむ温泉
再びGOGO。
600円だとばかり思ってたのは早朝風呂だけで
入館料1150円でした_| ̄|○  
もう、全く何を下調べしてたのやら(ノ´∀`*)
施設的にはビッグシップやえにわの湯みたいな感じ。
一日かけてくつろぎに来るような所です。
浴場は何となく体育館チックで味気無いんだけど、
お風呂はなかなかに良かったです。
コーヒー色の美人の湯があったのはとっても嬉しかったし
水風呂が何と11度前後と24度前後の2種類あって
これは今までの温泉経験で初だったので感激してしまいました。
2時間しかいられなかったのもあって
是非是非もう一度来たいなぁ(*´д`*)と思った。
ちょっと遠いからアレだけど気にいりました^^
カテゴリ: [日記]日記

 

パコダテ人

2006.07.03



宮崎あおい出演の映画見たさでチョイス。
ついでにロケ地が函館なので。
大泉洋を始め、森崎さん音尾くん安顕とかも出てたし
STV系なのかな?どさんこワイド系?お馴染みのニュースキャスターや
リポーターも出ていて十分楽しめた。
函館の町並みもとても綺麗に映されいていたし
恐らくエキストラも嫌味がなかったから悪いけど
本当に「最終兵器~」と比べてしまって、こっちは一気に
見れました。

ストーリー的にはコメディっぽいのか差別モノなのかアレだけど
押し付けがましくない青春ものって感じで 爽やかな感じがした。
宮崎あおいはやっぱ可愛いし外さないなぁって思った。
もっかい見よう!は無し。
カテゴリ: [映画]邦画

 

最終兵器彼女

2006.07.03



正直、最後まで無理して見るのやめようって何度も思った映画でした_| ̄|○  
どうしても一気にきちんと見る事が出来ず 細切れに1週間以上かけてやっとラストまで見た。

アニメのほうを何年前かなぁ?兄に薦められて見ていて、実写の話を最初に聞いた時は
やっちゃた??とか思ってたけど公式サイトとか出来てくるにつれてレンタル楽しみに
してたんだけどなぁ。

この最終兵器彼女、舞台が小樽なんですよ。
アニメ初めて見た時は本当に不思議な感じがした。
だって学生の頃の遠足や夜景で馴染みの深い展望台や、地獄坂、水族館
小樽駅だって昔の状態で懐かしかったし 実際はどこか分からないけど
もしかしてあの公園かな?って思う公園が出てきたり
ちせ達の通う高校もある。
ちせの小樽弁?は小樽人から言わせると違うでしょ^^;って感じだけど
あれもまたほのぼのした感じで良かった。

で、実写版映画。
ロケ地が小樽多いので何とか見たってのが本音。
どの役者も激しくあってなかった。
高校生役なのにすごく化粧濃く見えたし。
前田亜季はいいけど、テツとシュウちゃんがどうしても最後まで
受け入れられずだった。
内容はアニメのほうが良かっただけに、とっても残念。
カテゴリ: [映画]邦画

 

( ・д⊂

2006.07.02

蚊に3ヶ所も刺されました_| ̄|○  
首2ヶ所と手首。
ウワァァ━━━━━。゚(゚´Д`゚)゚。━━━━━ン!!!!
カユイよぉぉ。

mixiのほうでマイミクさんがやってた占いを私もやってみた。

ttp://www.geocities.jp/standing_art/hoheto/kazu.html

私のは・・・、結構当たっててビックリしましたよ。
特に人間関係で「初対面から10回目位までは元気で人気があるが その後少しづつ自分の自信の無さが出てきて~」ってのがあって
これ、自分でも分かってるんですよねぇ。
最近は最初の愛想良さとか元気さを どうせ持続出来ないんだからと
まったりモードです。
カテゴリ: [日記]日記

 

ヒトが多い( ゚Д゚)

2006.07.01

今日7月1日から5日まで、おいらの町の港に
どでかいアメリカの船?が泊まる模様。
臨港線は渋滞してるわ パトカーいっぱいいるわ
上下が白い制服姿の外人さんが、そこら中歩いていてビックラしました。
皆さんどこに泊まるのかしら…。
外人さんが見て楽しいものなんて何もないような町だと思うけど・・・。
港のほうのお店行くと普通にロシア人さんは見かける町だけど
船のデカさより外人さんの量に驚いてます。
明日もゲキ混みだな…_| ̄|○  

あぁぁぁ
えっと、先週はすっごくダメダメちゃんだったんです。
変わらず微熱があるんだけど(眩暈はなかったから動ける)
先週は微熱のせいにして かなり色んな事に怠けてしまった。
ただ単にダラケて無気力だっただけなのに_| ̄|○

図書館から借りてきてる本も全部読みたいのばっかなのに
結局、1冊も読んでなす( ´Д⊂
もうさすがに同じの借してほしいとは言えないがな。

たぶんあと数日でアレがくるから熱下がればいいなぁ
てか、きっと下がるさ。
日差しに負けずにガンガルぞぉ  
カテゴリ: [日記]日記

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。