ぐるぐるする夜に

酔いどれ女の見たり読んだり浸かったり。

スポンサーサイト

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ: スポンサー広告

 

DEATH NOTE アナザーノート ロサンゼルスBB連続殺人事件/西尾維新×大場つぐみ・小畑健

2007.12.28



デスノートは結構はまってた。
もともと漫画は読まないほうなんだけど
ジャンプで人気のあるらしいデスノートの映画化にあたり
藤原竜也が出るってので俄然興味を持ったのだ。

原作の漫画はすごい面白かった。当時本気でLが可愛くて仕方なかったし><
藤原竜也見る為のお勉強のつもりが、逆に漫画のLが断然良くて
映画見に行って“松ケン全然Lっぽくないじゃん!”とかプリプリしていた。

西尾維新の作品は戯言シリーズの「クビ~」3作品だけ読了済。
よくお邪魔する読書系ブログで西尾維新のレビューがあって
タイトルにすごく興味を持ったのだ。
ちなみに、何故か地元図書館には西尾維新作品がパーフェクトに置いてある。
かなり謎。(勿論他のラノベは置いてない。桜庭一樹とか橋本紡置いてほしい)


さてさて、そんな状況で読んだこの作品。
私は面白かったー。
発刊から一年半近くの時をおいて読んだからってのもあるだろうけど。
原作との違いを感じつつも、さほど拒否反応無く読めちゃったと思う。

まー、まず最初に感じたのが南空ナオミの描かれ方への違和感。
ライトノベル作家ならではの表現も少々見られ原作のデスノートとの違いを
余計に感じた。
でも、西尾作品読んでる身だったのでこれもアリかと思ったし
読了済みの西尾作品よりずっと読みやすかった。
全然疑う事なくフンフン読んでたのでラストはマジでびっくりしたし。

Lの伝説って程、Lは出番少ないんだけどワイミーズハウスの面々の
Lに対する憧憬の深さ感じた。
スポンサーサイト

 

クビツリハイスクール/西尾 維新

2006.10.04



「クビシメロマンチスト」が今イチだったのでアレだったけど
これは楽しめました。
私の大好きな玖渚は出てこないけど今作のヒロインっぽい子である
一姫ちゃんが可愛かったのです。
一姫ちゃんの言い間違いとか、哀川さんの物真似など
笑える要素満載。
今までより哀川さんのキャラもたってたし、もう少し続きも
読んでみようと思った。

 

クビシメロマンチスト/西尾 維新

2006.09.23



前作の「クビキリサイクル」と比べて今ひとつ。
新キャラに魅力を感じれなかった。
主人公いーちゃんと息をするのが当たり前のように
殺人を続ける零崎人識の会話や
いーちゃんの隣人さんのみーこさんだったかな?
あの人の背中の文字がいちいち楽しかったけど。

戯言シリーズを通してのヒロインだと思われる
玖渚友は少しだけしか出てこない。けどやっぱ可愛いな。

 

クビキリサイクル/西尾維新

2006.09.07



西尾維新さん。初作家さんです。1981年生まれだって。若い。
読書系ブログを見てて気になったのでチョイス。
シリーズ化されてるみたいで、そのタイトルに惚れたのです。
クビキリサイクル、クビシメロマンチスト、クビツリハイスクール。
装丁はハードカバーと文庫の間みたいな奴で
私はそれにちょっと抵抗があるのです。
ライトノベルってくくりに入るのかな。何となく若い子が読む
ものだろうってイメージがあったからなんだけど
今はそうでもないみたいですね。
柔軟性のない我が頭です(´・ω・`)

主人公の女の子がサヴァン症候群というものらしく
あれ?サヴァン・・・?どっかで聞いたなぁとググってみたら
前に見た「四日間の奇蹟」のピアニストの子もサヴァン症候群だった。
登場人物 皆がそれぞれに魅力あって文体も新鮮だったので
面白く読めた。シリーズものなのでクビキリシリーズは全部読むつもり。

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。