ぐるぐるする夜に

酔いどれ女の見たり読んだり浸かったり。

スポンサーサイト

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ: スポンサー広告

 

失われた町/三崎亜記

2009.09.27


やっと読み終えた。
三崎さんの作品は初めて読んだ「となり町戦争」が今イチだったので
(短篇はすごく好み)
この「失われた町」は読むつもりが全く無かった。
しかし、「刻まれない明日」を読んでみて「失われた町」も“読みたい!”という気持ちになった。

想像以上に物語の流れ、特殊な設定を理解するのに大変苦戦した。
メモを取りながら読んだのにこのザマだもんなぁ。


エピローグとプロローグの使い方はうまいけど、
(この本読んだ人の多くが読了後すぐに最初のページに戻ると思う)
本編の構成が分かりにくいし、詰め込みすぎな感がある。
物語には多く描かれていない回想を加えるとものすごい長いスパンでのお話なので読んでいて、
今どの場所にいるのかが何度も分からなくなってしまった。
しかし、章題や使われる言葉、度々登場する小物は異国的な美しさをみせてくれた。


それぞれ失われるという共通な過去を持った登場人物達が、そして彼らの想いが、
最後には重なっていく形なのはこの作品から「刻まれない明日」に受け継がれていたのだなぁ。

私は本当ただ死なないから生きてる、みたいな毎日で。
だからこそ、この物語が伝えようとしている事の強さ、登場人物達が
まぶしくてならなかった。
スポンサーサイト

 

刻まれない明日/三崎亜記

2009.09.06


装丁写真は佐藤信太郎さんの「非常階段東京」から。
三崎さんの独特な世界観と今作の内容に合っているかも。

借りてきた後で「失われた町」ともしかして関係してるのか?と
不安になったのだけど、予約して借りた本だったので読む事に。
三崎さん、かなり気になってる作家さんだけど「失われた町」は未読。

「失われた町」の続編と言う訳ではなく、同じように人が消失した
別のケースを描いているのだろう。
一応、長編作品と言う事になってるようだけど、章立てになっていて、
それぞれに主だった登場人物がおり、不思議な現象に出会える。
そして、その一つ一つのエピソードが集結していく感じで
かなり濃い群集劇のようにも読めてしまった。

無駄な脇キャラなど一人としていないのでは?と思えるほどに、
登場人物達が交差していくのにはビックリ。

ある日突如として消えてしまった人達。
これは残されてしまった身内や恋人のお話。
読んでいて、行方が分からなくなった飛行機事故や誘拐事件などの
被害者家族を想像した。
生死も分からず、もしかしたら何か一つでもあの時の行動が違っていたなら
大事な人を失わずにもすんだかもしれない…、と何度も同じ事を
後悔し続けるであろう苦悩を。

三崎さんならではの不思議な感覚で、この作品では消えてしまった人達は
何処かで暮らしを続けているらしい。
ラジオ局へのリクエストだったり、図書館の利用だったり。
姿は見えないけれど、言葉は交わせないけれどそうやって10年もの間、
失われた人達を見守り見守られてきた人達。

どの章でも人との出会い、失われた大切な人の後押しがあって
いとも簡単に新たな人生を刻んでいけるふうにお話が進むのは
ちょっとゲンナリしてしまったけど、文中では淡々と描かれていた
10年の想いを読み取ってあげられれば、再生へのお話として
素直に読めるのかな、と思う。

とにかく三崎さんがこんなに作品内リンクを使ってくるとは
思わなかったので(他作品ともリンクあるけど、半分も気づけてない筈)
驚いた。

 

バスジャック/三崎亜記

2008.08.19

2005年






「鼓笛隊の襲来」が想像の遥か上をいく良さだったので、
(想像=全然期待していなかった><)
それなら!と借りてみた「バスジャック」。
この作品は参考にしている読書ブログでも良い感想だったので
気にはなっていた作品。
読んでみて良かった。

短いものだと3~4頁のものもある短編集。
それぞれの物語の味わいもバラバラ。
三崎さんのずれた世界観はどの作品にもあるのに
バラエティ豊かな印象がとても強かった。
気持ちが上下に揺さぶられてしまう感じが強い。
見てはいけない不気味さと愛情とか。

となり町の時には思った事が無かったと思うんだけど、
「鼓笛隊の襲来」でもこの作品でも、あ、何か大切な言葉があるって
思う事が何度かあった。
こんなにおかしな世界を描いているのに、ダイレクトにではないけど
そう思うシーンが度々あった事を忘れたくないな、と思った。

 

鼓笛隊の襲来/三崎亜記

2008.07.26

2008年






あら?!良かったです。とっても。
三崎亜紀さんの本は「となり町戦争」だけしか読んでいないけど
この作品も他にはない感性で書かれていて、
不思議さ不可解さ満載で、それがもの悲しい内容だったり
時にはゾッとする話だったり、ホロっときたり。すごい。
実は「となり町戦争」の読後は、他作品もこんな感じで奇抜な設定&
読んでいてピンとこないのなら読めないなー、と
思っていただけにこの作品は良かった。

9つの短編集。
もしかしたら私この作家さんは短編のほうが好きなのかも。
ドラマ「世にも奇妙な物語」みたいな作品が多いので
長すぎると違和感のほうに負けてしまうみたいな。
この短編集では割と登場人物の心の中に入っていける部分が
あったので(人間の負の感情とか)尚更面白く感じたのかも。

一回読んで終わり、には勿体無い位の作品だったと思う。 

「鼓笛隊の襲来」
どっからこんな発想が浮かんでくるのかしら。最初から一気に
もってかれる。

「彼女の爪跡展」
この作品は温度が好き。どの作品にも通じている現実にあるのに
見えないものが記憶を通して描かれていて切なく美しい。
一回、うわこの作品美しいわ、と思っちゃったので
もうちょっとした文章までグッときてしまった。

「象さんすべり台のある街」
メルヘンのようなお話なのに悲しみに覆われていて
街の記憶と象の墓場からイメージされるものに
圧倒された。

「同じ夜空を見上げて」
ラストがこんな温かいお話で素直に涙を流していいのか?と
思うほどの切なくも光のあるお話だった。
某韓国映画の一場面を思い出した。


 

となり町戦争/三崎亜記

2008.02.01


江口さん好きの友人がチラっとこの映画を見て
すこぶるけなしていたのです。
それが初めて「となり町戦争」を私が知った瞬間。
読みたい本リストには全く入ってなかった本だったんだけど
図書館で目に入ってしまったので会話のネタにもなるかと思いチョイス。

設定はとても面白い。個性的。
ある日、届いた広報誌でとなり町と戦争が始まる事を知るのです。
主人公も戦争に従事するのだけど、本当に戦争が起こってるのかが
どうしても実感できないのだ。
その感覚は読み手も同じで、現実に起きてる事をいくら想像しても
思い浮かべるのさえ難しい。

共同事業として、町の発展を考えての戦争の裏では、愛する人を奪われる
町民もまたいると言う事実。
いくつか、考えさせられる点もあったのだけど
あまりにも不透明なストーリー展開や、恋愛が絡んでくる辺りが
個人的に受け付けなかった。

あえて、緊迫感のあるシーンを書かず読者の深い読みを期待したせいか
題材のインパクトを感じれなかったのが残念。

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。