ぐるぐるする夜に

酔いどれ女の見たり読んだり浸かったり。

スポンサーサイト

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ: スポンサー広告

 

半落ち/横山秀夫

2008.01.26



横山秀夫「半落ち」。映画のほうは昨年末にもTVで放送したようだけど
私が見たのはもっともっと前です。たぶんTVで見たと思うんだけど…。
正直全然内容を覚えていませんでした><
原作がすごい作品らしいという事だけは理解したものの映画を見終わって
では良い作品だったか?人に薦めるか?と聞かれたら
“良かったような気もするけど、そんな言われてる程の作品でもないよ”
としか答えられなかったと思う。


沢山読みたい本がある状態で、ほとんどストーリを覚えてはいないものの
一度は映画で見てる事だし特に読まなくてもいいか…。と思ってもいたのですが
読んでみて本当に良かった!

たったの297頁に心を揺さぶられるラストが待っていた。
映画で見てるなんて勘違いか?と思うほどに原作のほうは
読みがいがあり、印象的な構成になっています。
読んでみるとこの物語に主人公という決まった枠などないのでは
ないかと思える。そこがとても良かった。
主な展開は、元警察官が妻殺しを自首し、それを完落ちではないと
思うものと完落ちに仕立てあげようとする思惑といった感じ。

6章、警察官・検察官・新聞記者・弁護士・裁判官・刑務官の章で成されており、
元警察官の梶が何を隠そうとしているのか、そして梶を死なせは
しないと動く男達の様子が見られる。
梶自身の心模様は本人の口からは語られない。
周りが想像するのみ。
警察や法の組織の中での自分の立場や、事実を明らかにする事よりも社会的は地位を
守るために行われる文書偽造や取引。
ここら辺も梶の空白の二日間と平行してとても面白いのです。

少しネタバレもあるので続きは折りたたみで。
-- read more
スポンサーサイト

 

顔/横山秀夫

2008.01.09



横山秀夫さんの本は「クライマーズ・ハイ」に続き2冊目。

主人公は犯人の特徴を聞いて似顔絵を書く婦警さん。
警察という女性軽視が少なからず残っているであろう職場。
芯の通った感受性の強そうな女性なので
曲がった事をしたくなくて何度も嫌な思いをさせられるのです。

何度も上の都合で配置転換させられ、似顔絵書きの仕事には戻れないながらも
観察力の鋭い彼女が次々に起こる事件に関わっていくという形の連作短編集です。


声高に男女平等を謳ったりせず、優しげな主人公のキャラは良かった。
女性ならではの温かい心づかいのできる人。

警官って危険な職業だし、体力も必要だろうし…、ムキになって男性と肩を
並べようとするのは精神的にも大変そうだな、と思って読んでいた。
女の私が男尊女卑をこんなふうに考えるのはダメなのかもしれないけど。

「心の銃口」ではハッとするようなシーンがあって、
三浦綾子「氷点」の“私にも氷点があった~”だかのセリフを思い出した。

 

クライマーズ・ハイ/横山秀夫

2007.09.04



NHKドラマ「ハゲタカ」などで、大森南朋熱が高まっていると思う。
私だけ?
先日、私の熱弁が効いたようで兄が「クライマーズ・ハイ」を借りてきた。
大森さん見たさを我慢しつつ、先に原作を読まねば…の思いが
強くて久しぶりにリッピング。
容量ちっちゃくするのに半日かかるYO!と言ったら良いソフトを
教えてくれた。

映画「半落ち」で著者を知っていた程度。あとは社会派作家?と何となく
思っていたので難しい内容だったらイヤだなぁ~と構えていた。
が、読み始めてすぐにのめり込んでしまった。
読み進めていくうちに、この本がノンフィクションチックな事に気づく。
ストーリーの一つの山として日航機墜落事故があるのだ。
地方新聞社、政権…、ちょっと私には難しい話になってきて
途中 ただただ文字を追うばかりになったりもしたけど、
全くのフィクションではない所のストーリーの良さにハッとする箇所が
幾度もあった。
大森さんが誰の役をやってるのかなぁ~、と言う想像の楽しみもあった。
新聞。客観的に書くこと。しかし多大な犠牲を出した大きな大きな事故を目のあたりにした者たち。主観など社会では必要とされない事。
大きな命?小さな命?そして家族。
NHKドラマ「クライマーズ・ハイ」存分に堪能させてもらいましょう。

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。